薬を使わない薬剤師の 断薬セラピー 薬をやめれば、病気は治る

  • WAVE出版
3.20
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 15
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (208ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872907438

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 薬剤師と書名に出ているので読んでみた。
    基本的には賛同することが多いももの、薬をやめることを主眼にするべきではないと考える。プロフィールでは栄養士となっており、まるで、宗教の様である。
    いい加減な情報?(根拠が弱い)でも、信じる人がいる。つまり、説得力?がすごいのか?

  • 宇多川さん、子供の頃から薬好きで調剤薬局に就職した頃は一日17錠飲んでたそうです。ある日、厚生労働省のHP「1に運動、2に食事、しっかり禁煙、最後に薬」を見て、「薬は最後なんだ!」と。確かにタバコの害は定着してますが、薬にはいいイメージ、有難いイメージがありますね!でも、薬もサプリメントも身体にとっては異物であって、貴重な酵素を消費・無駄遣いして、体温・免疫力は低下し、飲めば飲むほど量が増えてゆく悪循環になるんですね。また、よく効いて副作用のない夢のような薬はないとのこと。医師は薬にあまり詳しくないと。

  • 参考になった。
    お医者は、薬の事はあまり知らない、かもしれない。
    できるだけ、薬は飲ま無い方が良さそうだ。
    ただ、作者のいう事は、一つの考え方であって、正しいかは、疑問がある。必要な時は、薬を使うべきだと思う。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

明治薬科大卒。一般社団法人国際感食協会理事、薬剤師・栄養学博士(米AHCN大学)、NPO法人統合医学健康増進会理事。医療の現場に身を置きながら薬漬けの治療法に疑問を感じ「薬を使わない薬剤師」をめざす。

宇多川久美子の作品

薬を使わない薬剤師の 断薬セラピー 薬をやめれば、病気は治るを本棚に登録しているひと

ツイートする