家を建てたくなったら

著者 :
  • WAVE出版
4.04
  • (9)
  • (12)
  • (6)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 97
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (376ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872907582

作品紹介・あらすじ

潤沢な資金はない。でも、自分と家族の「暮らし」を大切に思っている。そんなあなたが、建築家とゼロから「いい家」を建てるための本。建築家選び、土地探しから、予算管理、間取り、建材、中古住宅リフォームまで。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 建築という仕事を今まで知らなかったが、家を建てる時の心構えから細かいテクニックまで、網羅的かつ、丁寧に書かれた一冊。

  • 今ある家を3世帯住宅に建て直したいために手に取った本。大手ハウスメーカーの住宅展示場に行っていたが、それが正しいのかどうか、今後の方針のためにも読んだ。もちろん設計士が書いているというのを前提にしたとしても、家を建てる際に考えるポイント、アドバイスが細かく書かれていたと思う。家を「買う」のではなく、「建てる」のだというのは改めて考えさせられた。

  • こんなに丁寧にいろいろ聞いてもらえたら、それはもういえづくりを超えて、自分発見ワークだなぁ。いいなぁ。

  • 転勤族なので、まだしばらく賃貸で我慢しなくてはならないのですが、賃貸物件には今かなりウンザリしていて、この手の本を読みまくって、将来への妄想を膨らませています。
    すでに耳年増になっている私には、この本は特別目新しいことは書かれていませんでしたが、私のこれまでの長い賃貸経験から結論づけたこと、たとえば、軒は深めの方が夏は涼しい風が入るし冬は光がいっぱい入っていい、だとか、家具や設備以上に家の構造と窓にお金をかけたい、だとか、敷地ギリギリに目いっぱい家を建てるよりも、家の広さを削っても庭を少しでいいから取りたい、などの実に個人的な希望について、著者も同じ方向で言及されていて、「あなたの考え方は間違っていないよ」と肯定されたようでとても嬉しく思いました。
    こんなに意見が合うなら、この著者に頼みたいとすら思いました。この本の「建築家の選び方」はとても参考になりましたが、できればこんな風に著書で、価値観などを知った上で頼めるのが理想だなぁとつくづく思います。
    しかし、建築家というのは、本当に大変な仕事だなと毎回思います。

  • 「買いたくなった」方も一度ご覧頂きたい内容です。

    住まいを手に入れる方法は一つではありません。欲しい間取りと予算に見合った商品が無いと諦めるのはまだ早い。

    例えば、建築家に依頼すること全てが予算と敷居が高いわけではありません。

    末永く住むこと、日々の生活すること、家のことについて、わかりやすく平易な言葉で著者が語りかけてくれます。

    中古住宅に手を入れる方法もアドバイスされています。

    豊かに、末永く、あせらずに。

  • 建てた後のことも考えて
    長いお付き合いができる人にお願いしたいですね。

    建築家と住まいづくりを考えることがもっと一般的になれば日本の住環境は断然よくなると思います。

全8件中 1 - 8件を表示

家を建てたくなったらのその他の作品

家を建てたくなったら Kindle版 家を建てたくなったら 丹羽修

丹羽修の作品

家を建てたくなったらを本棚に登録しているひと

ツイートする