お金の教養―お金が増える7つの法則と仕組み

著者 :
  • WAVE出版
3.43
  • (0)
  • (4)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 28
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (191ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872907735

作品紹介・あらすじ

義務教育で教えてくれないお金の話。世界中の30万人が学び、120万人が著書を読んでいる、お金のプロが優しく教える。絶対に知っておきたい7つの知恵。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 確かにお金の教養は必須。
    この本に書かれてることは初心者向けの内容。
    高校生とかに読んでもらいたい本。
    とても平易にわかりやすく書かれてます。
    著者の経営する学校の生徒獲得の目的もあるからか?とても安く買えるのも良い。

    マイホーム買うか賃貸かの考え方は参考になった。

    あとはお金の教養のために、2割貯金、2割自己投資、6割消費というのも参考になりました。
    財産の貸借対照表は毎月作成してるけど、損益計算書はなかなか作れないな。
    なるべくカード払いにして、現金払いはやめるようにして支出を把握することにしよう。

  • お金の7つの教養
    一、お金の基本
    二、お金の貯め方
    三、お金の使い方
    四、お金の稼ぎ方
    五、お金の増やし方
    六、お金の見守り方
    七、お金の与え方


    友人が株に興味を持っていたのを、よく知りもせず「株なんてギャンブルだよ!やめときなよ」と言ったのを謝りたいです。
    むしろ自分の収入が時給〇〇円の労働による給料、その1本の綱しかないってヤバイです。資産運用しないと将来ヤバイ。

    「投資」とは、お金を株や為替に投じるという意味に留まらない。お金についての知識を高めることは「自己投資」になるのはもちろん、自分の日々の言葉や行いも、それが10年後の自分を豊かにするものであれば「投資」であると言えるということに気付かされました。友人との約束を守らない、家族を大切にしないといった行為を続けていれば、10年後の自分の人間関係が寂しいものになるのは確実。それは「投資」の逆を行くこと。改めなければ…

    まずは資産運用の準備として、運用するためのお金を貯金しつつ、資産運用の確固たる知識を身につけていくこと。自分のお金やモノや人に対する行いが「投資」なのか「消費」なのか「浪費」なのか、常に意識しながら生活すること。
    それがギャンブルではない「投資」への第一歩です。

  • 分かっていたことの再認識。欠けていた部分の補修になりました。


    「飲食店の粗利の見極め方」
    ・現在何人入ってるか
    ・1人辺りの売り上げ
    ・1日の人数
    例えば30席ある店のディナーで20人くらいだとしたら、その店の客数は30人程。
    そして1人平均5000円だとすると、1日の売り上げが15万円。その15万円に営業日数を30日としたら月刊売上が450万円になる。
    そこから材料費は飲食業の原価はだいたい30〜35%と言われていて、30%と考えて135万円。
    家賃は一般的には売り上げの3日分と言われているので45万円。
    人件費はバイトが5人(月20万円)で正社員3人(月30万円)と考えて190万円。
    そうすると、
    ・売り上げ=450万円
    ・経費=原価135万円+家賃45万円+人件費190万円で370万円。
    450万円−370万円=利益が80万円。
    になる。




    「家を買う際に考える目安」としては、家賃の200倍以上の家だったら損。それ以下だと得と考える。
    例えば家賃が10万円だったとしたらその200倍の家代が2000万円以下だったら得。
    何故この基準なのかというとそれは「利回り6%の法則」
    利回りとは物件価格に対して家賃収入がどれくらいあるか、という数値。
    例えば1000万円の物件を買って、年間家賃収入が100万円だと利回り10%で50万だと5%で、利回りの数値でその物件の収益性を判断する。
    もう一つは「30年後の資産価値」

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

泉 正人(イズミ マサト)
ファイナンシャルアカデミーグループ代表
ファイナンシャルアカデミーグループ代表。一般社団法人金融学習協会理事長。
日本初の商標登録サイトを立ち上げた後、自らの経験から金融経済教育の必要性を感じ、2002年にファイナンシャルアカデミーを創立、代表に就任。身近な生活のお金から、会計、経済、資産運用に至るまで、独自の体系的なカリキュラムを構築。東京・大阪・ニューヨークの3つの学校運営を行い、「お金の教養」を伝えることを通じ、より多くの人に真に豊かでゆとりのある人生を送ってもらうための金融経済教育の定着をめざしている。『お金の教養』(大和書房)、『仕組み仕事術』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)など、著書は30冊累計130万部を超え、韓国、台湾、中国で翻訳版も発売されている。

「2016年 『お金原論』 で使われていた紹介文から引用しています。」

泉正人の作品

ツイートする