犬のハナコのおいしゃさん (知ることって、たのしい!)

著者 :
  • WAVE出版
3.75
  • (1)
  • (1)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
感想 : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (32ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872909500

作品紹介・あらすじ

ヒロシ先生は、町の動物のおいしゃさん。一日、30頭をこえる犬やねこが、ヒロシ先生のところにやってきます。動物のいのちを守るヒロシ先生の一日。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 手にする機会があって読んだ。

    わたしは、犬のハナコ。
    10年前から、ヒロシ先生の動物病院でくらしています。
    (カバーそでより)

    タイトルと内容が合っていないような気がしました。
    ハナコ自身の話でもあり、ヒロシ先生の話でもあり、範囲が広すぎてぼんやりしてしまう。
    今西乃子(のりこ)さんの本を読んだのは初めてかも。
    犬関連の著作が多いイメージ通り、愛犬がいるそうです。

  • 8分45秒☆はじめ、ハナコの足が不自由だとは思いませんでした。飼い主が家族の一員として迎えた犬を、自分の都合で捨てるなんて絶対におかしい。たくさんの人に知ってほしい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

児童文学作家
公益財団法人 日本動物愛護協会理事
著書『ドッグ・シェルター』(金の星社)で、第36回日本児童文学者協会新人賞を受賞。執筆の傍ら、愛犬・未来をテーマに小・中学校を中心に『命の授業』を展開。その数2018年に240校を超える。
主な著書:捨て犬・未来シリーズ(岩崎書店)『犬たちをおくる日』(金の星社)、『子ねこリレー大作戦』『命のものさし』(合同出版)など多数。
児童文学者協会会員 

「2021年 『命の境界線』 で使われていた紹介文から引用しています。」

今西乃子の作品

ツイートする
×