鏡の国のアリス

  • エスクアイア マガジン ジャパン
3.61
  • (14)
  • (9)
  • (38)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 125
感想 : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (120ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784872951073

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 鏡の国のアリス 作者のルイス・キャロルの作品でヤン・シュヴァンクマイエル

  • たのしすぎた。

  • コラが暴走しすぎてもうアリスの世界観すら飛びぬけています。

  • ヤン シュヴァンクマイエルの挿絵の本がほしくてほしくて

  • ヤンを、羨ましいと、思ってしまう。

  • 同じく。ほしいい<br>
    英語版、ないんか。どっかに。

  • れは、チェコの人形アニメ作家で有名な、ヤン・シュヴァンクマイエルがイラストを手がけてます。でも彼の作品は何か惹かれます。やっぱり、これもシュヴァンクマイエルらしさは健在です。

  • 欲しい!!

  • チェコの奇才ヤン・シュバンクマイエル監督ののコラージュ『不思議の国のアリス』の続編。相変わらずシュールです。永久保存版として手元に置いておきましょう。

全11件中 1 - 10件を表示

著者プロフィール

(1832年 1月27日 - 1898年 1月14日)
イギリスの作家。数学者。本名チャールズ・ドジソン。オックスフォード大学クライスト・チャーチ・カレッジを最優秀で卒業後、同校で数学講師を務める。著書に『不思議の国のアリス』(1865)『鏡の国のアリス』(1872)『スナーク狩り』(1876)などがある。

「2022年 『不思議の国のアリス 鏡の国のアリス』 で使われていた紹介文から引用しています。」

ルイス・キャロルの作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×