100文字レシピ (オレンジページブックス)

著者 :
  • オレンジページ
3.22
  • (0)
  • (2)
  • (7)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (119ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873033907

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 簡単で美味しかった(鶏肉のレンジしょうゆ煮)のと、テレビでも紹介されてたレシピで…確かに簡単だけどやはり下ゆでした方が良いもの(ねぎ豚)と。

  • 持て余したフランスパンをいただいたので、たまたま読んでいたこの本にあった「ガーリックスティックブレッド」を作ってみた。

    カンタンで美味しいのが何より。
    パスタとかご飯ものとかいろいろ作ってみたいなー。

    この本購入しようと思ったら、もう絶版なのですねー。
    新潮文庫から「100文字レシピ」で3冊出ているみたいだけど、この本の文庫化ではなさそう。

    地道にコピるしかないのかー。

  • 図書館にて。
    簡単そう!

  • この川津さんの好きなところは、ズバリ完璧でないところ。
    地方だとインターネットで探し回らないと手に入らないような特殊な食材も出てこないし、「なきゃ無いでいいです」「本当はやらなきゃいけないんだけど、私は面倒なので省略します」みたいな力の入らない姿勢が何ともいえず好きなのです。

    でももちろんプロだから、適当に説明してるようでも料理はちゃんと出来る。そして美味しい。
    こういう人になれたらいいなと思う(笑)。

  • 今まで私の中では簡単・おいしい料理の本といったらケンタロウだったけれど、川津幸子さんもお薦め。

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

川津幸子(かわつ・ゆきこ)
料理編集者、料理研究家。
早稲田大学在学中に料理編集者を志す。卒業後、ファミリーサークル、世界文化社を経て、1985年『オレンジページ』の創刊に料理部門のチーフとして参加、2年後にフリーに。1988年には一時仕事を離れ、充電もかねて1年間ニューヨークに暮らす。帰国後、栗原はるみさんの『ごちそうさまが、ききたくて。』(文化出版局)、山本麗子さんの『101の幸福なレシピ』(講談社)などのヒット作をてがける。1995年再び休職し、エコールキュリエール国立(現・エコール辻)でフランス料理を学ぶ。その後、自ら料理して、その楽しさを伝えたいと思うようになり、『100文字レシピ』など簡単でおいしい料理を提案。一方で、生来の食いしん坊ゆえに生まれた世界のおいしい料理を紹介して、料理好きの支持を得ている。「100文字レシピ」シリーズ、「ビンボー Deli」「ごはんよ、急げ!」「川津さんちのおうちごはんのレシピとヒント 204」「そろそろ大人のおいしい暮らし」「あの味が自分でできる くいしんぼレシピ」など著書多数。

100文字レシピ (オレンジページブックス)のその他の作品

100文字レシピ 単行本 100文字レシピ 川津幸子

川津幸子の作品

100文字レシピ (オレンジページブックス)を本棚に登録しているひと

ツイートする