Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチ

制作 : Louis Rosenfeld  Peter Morville  篠原 稔和  ソシオメディア 
  • オライリージャパン
3.29
  • (6)
  • (12)
  • (43)
  • (3)
  • (1)
本棚登録 : 232
レビュー : 16
  • Amazon.co.jp ・本 (465ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873111346

作品紹介・あらすじ

本書は、『情報アーキテクチャ入門』の改訂版である。ユーザーにとって使いやすいWebサイトを検討するには、情報を整理し構築するテクニックが必要になる。特にサイトが大規模で複雑であればその必要性はなおさら。本書は、大量かつ複雑なコンテンツを前にして、その情報の組み立て方を検討しようとしている方を対象に、「情報アーキテクチャ」という観点からWebサイトをより効果的かつ管理しやすい情報提供ツールとするための方法論を紹介する。改訂にあたり、企業イントラネットやオンラインコミュニティサイトでの詳細な導入例を挙げ、情報アーキテクチャ実現のための詳細なプロセスを始め、戦略や方法についての具体的な解説を追加した。Webの情報構築について、知っておくべきことを説明し、その知識をどのようにして現実のWebサイトに適用するのかを段階を追って解説する本書は、Webデザイナー、Web構築者必携の一冊。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 「Web 情報アーキテクチャ」という、聞き慣れないテーマについての一冊。Web コンテンツとして公開する種々雑多なコンテンツを、どのように組織化して、ナビゲーションを付け、検索と一体化させて提示させるかを論じる。

    図書館学に典拠するタクソノミーやラベリング、制限語彙といったツールや方法論だけでなく、「情報アーキテクト」としてどのようにキャリアを積んでいくべきかや、企業の中で「情報アーキテクチャ担当組織」をどのように運営していくべきかといったテーマも含めて、とにかく「Web情報アーキテクチャ」の全ての側面を網羅している。

    IBM や Microsoft といった先進企業のサイトも、かつてはどこに何が書いてあるのかまったく判らず、かなり酷い状況だった時期が長かった。しかし、最近はこの「情報アーキテクチャ」の必要性が認識されたせいか、かなりの改善が見られるように思われる。一方で、多くの国内企業の社員向けサイトでは、今だに10年前の「どこに何があるのか判らないウェブサイト」状態が継続している例も少なくない。情報アーキテクチャは、まだまだその普及の途についたばかりのようだ。

  • 情報アーキテクチャについて、非常によくまとめられた本です。

  • 古典で原点

  • 近年のサイトやシステムは、情報がどんどん多くなり、
    情報の肥大化がされていっていますが、
    この肥大化されたデータをいかにうまく組織化して、
    ユーザーが効率良く探せるようにするために情報アーキテクチャ(IA)
    について様々な情報が書かれています。
    これを一通り読めば、IAがなんなのか、どのような手段・目的があるのか
    といったことが学べると思います

  • この通りできるとステキだけど,いろいろむずかしそうよねぇ〜.

  • 情報アーキテクチャーって何?から考え方、事例までが載っている本。

  • IAについて、理論編とか実践編とか組織編とか。
    なんとなくは理解できるんだがもやもやとした読後感になるのは具体的にどんなアクションをおこせばいいかぴんとこないからか。

  • IA本の定番。

  • 情報アーキテクチャの教科書

  • 勉強しよう

全16件中 1 - 10件を表示

ルイス・ローゼンフェルドの作品

Web情報アーキテクチャ―最適なサイト構築のための論理的アプローチを本棚に登録しているひと

ツイートする