Head Firstデザインパターン ―頭とからだで覚えるデザインパターンの基本

制作 : 佐藤 直生  木下 哲也  有限会社 福龍興業 
  • オライリージャパン
3.91
  • (20)
  • (41)
  • (26)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 370
レビュー : 32
  • Amazon.co.jp ・本 (604ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873112497

作品紹介・あらすじ

初めて学ぶ方、過去に挫折した経験のある方、知識を確固たるものにしたい方を対象に、イラストや写真を使ってやさしく楽しく解説する人気のHead Firstシリーズのデザインパターン編。刺激的なレイアウト、思わず膝を叩く見事なたとえ、引き込まれる小話、楽しいクイズやパズルで飽きることなく読み進むことができます。複雑難解なデザインパターンの概念が面白いほどよくわかる、目からウロコの画期的な書籍です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 高いけど、それに見合う価値があります!

    パターンをどういう状況で使うべきか、その背景まで考えられているので、読みやすいはず!

  • 教科書の候補として検討。
    パターンの本は、紹介と適用例が紹介されている事が多いが、この本は、

    「なぜ、そのパターンが必要であるか」

    を考えさせながら紹介しているところが分かりやすい。
    パターンの本としては良書だと思います。

  • デザインパターンの入門にはうってつけだと思う。素朴な疑問に答えますのコーナーを読み込めば、入門者がひっかかる疑問の答えがたいていは見つかるのではないかと思う。

  • o

  • 出版社による正誤表:
    http://www.oreilly.co.jp/books/4873112494/

    非公式正誤表あります (登録 3 件):
    http://public-errata.appspot.com/errata/book/4-87311-249-4/

  • 実例をベースに説明が入るので分厚い割に読みやすい。Javaに依存した説明があった点が残念。

  • よく使われるデザインパターンが載っています。
    ひとまず、ここに書いてあるのを完璧にすれば
    よいのではないかと思って読みました。

    シリーズ共通でイラストの使いかたとかはその
    ままです。少し順序的に分かりづらい所あるか
    もしれないので、まとめと、定義とかを先に見
    た方が、最初の導線の意味とかが分かりやすく
    なる感じがあるので、その方法で進めました。
    コードの誤植とかが多くて少し大変だと思いま
    すがパターンの入門として、どういうものがあ
    るのか知るのには非常によい本であると思いま
    す。

    優れたオブジェクト指向プログラマになるため
    の道具としてパターンを捕らえていて、それを
    説明してくれるのが非常によい所だと思います。

  • 意外に分かりやすくて入門書として結城さんの本よりオススメかも。これで何年も放置していたGoF本に挑めそうだ。他のHead First本も読みたくなった。

  • ★を10個つけたいくらいの良書だと思います。
    技術書って、堅苦しいイメージがありそうですが、本書はイラストが多く非常にフランク。
    豊富なイラストと軽快な語り口のおかげで楽しみながら学習できます。

    本書は、システム開発のよくある失敗例から始まり、ひとつひとつ問題解決法を
    読者に考えさせ、最終的にパターンに行き着くというストーリー構成です。
    だから納得しやすい。
    保守性や拡張性が高いシステムについての理解が深まるでしょう。

    個人的に、オブジェクト指向の初級者~中級者が読むべき本と思います。
    abstract classやinterfaceを使いこなせない人にとっては感動を与えるでしょう。(自分がそうでした)

  • 結城さんのデザパタ本と合わせて読んでる。やっと委譲の効果がわかった

全32件中 1 - 10件を表示

Eric Freemanの作品

Head Firstデザインパターン ―頭とからだで覚えるデザインパターンの基本を本棚に登録しているひと

ツイートする