初めてのRuby

著者 :
  • オライリージャパン
4.00
  • (49)
  • (72)
  • (39)
  • (5)
  • (0)
本棚登録 : 614
レビュー : 49
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873113678

作品紹介・あらすじ

他言語でのプログラミング経験を持つ人を対象に、Rubyの特徴、Rubyならではの方法や慣習について解説。Rubyの基礎的な部分とメタクラスやブロック構文のような独自の概念、それらにまつわる文化を説明し、Ruby特有の考え方を知ってもらうことを目的としている。Ruby1.8及び1.9に対応している。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 最初に書いてあるように、他のプログラミング言語の経験はあるがRubyは初めて、という人向けの入門書。ほとんどRubyを知らない状態で読み始めたが、およそどのような言語かを知ることができた。簡潔にまとまっていて必要十分なのが良い。端正な作りの本だと思う。

    この本の目標は、とにかくコードを書き始めて、Rubyの世界への扉を開くことにある。詳細な参考書を参考にしながら開発を始めるためのベースを得られる。言語デザインのコンセプトが分かっているかどうかで、プログラミングを楽しめるかどうかは大きく異なるが、その意味でもRubyへの期待を膨らませてくれた良書だと思う。

  • 挫折

  • プログラミング言語を既に扱える人が Ruby をはじめるときにすごくよさそうな本だと思った。ひとつでも言語を習得していたら当たり前、あるいは冗長に思えるような入門レベルの記述が少なく、Ruby ではこうという、言語固有の特徴や慣習を伝えることに重きが置かれているため。

    ただしバージョンが古い(1.9ないし1.8)ので、2系が当たり前になると現実的には人に勧めることが難しい。

    追記:今なら、他言語を既にやっていてこれから Ruby も触ってみるという人には Effective Ruby を勧めると思う。

  • ある言語ではこうだけどrubyではこう、というような比較が多く、別の言語をやっていた人がrubyを始めるときに最初に読むのにちょうどいいと思う。
    曖昧な表現もなくわかりやすかった。

    プログラミングをこれから学ぶという人には難しいかもしれない。

  • 薄いので8時間くらいで読み終わった。薗田

  • 言語仕様を実装内容から紐解いて解説してくれるので、とてもわかりやすい。
    演算子、ブロック、アクセサ、クラスメソッド、などなど
    思わずなるほど!

  • プログラミング言語をやったことがある人向けのRuby入門。
    公式のドキュメントと合わせてよむと理解がふかまる。

  • 読みやすい

  • Rubyを目にする機会が増えてきた感じなので、再学習( ´・‿・`)
    コンパクトにそこそこ濃い内容がまとまっていて良かった(´-ω-`)

  • 何気にちゃんとRubyのことを勉強していなかったので、ページ数も少ないこの本を手にとってみた。
    C/C++やJavaの経験があると割りとすんなり読める。ページ数のせいもあってコンパクトにまとまっていて、読みやすい(わかりにくい記述があまりない)と思いました。さらにRubyのことを学ぶために、ここからさらに「パーフェクトRuby」や「メタプログラミングRuby」を読み進めてみようと思います。

全49件中 1 - 10件を表示

Yuguiの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
Kahuaプロジ...
ジェラルド・ジェ...
ブライアン カー...
Joel Spo...
濱野 純(Jun...
Travis S...
David Fl...
有効な右矢印 無効な右矢印

初めてのRubyを本棚に登録しているひと

ツイートする