Hacking: 美しき策謀 第2版 ―脆弱性攻撃の理論と実際

著者 :
制作 : 村上 雅章 
  • オライリージャパン
4.26
  • (10)
  • (9)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 327
レビュー : 11
  • Amazon.co.jp ・本 (564ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873115146

作品紹介・あらすじ

ハッカーの視点に立ち、攻撃手法を詳しく分析。防御方法の本質が理解できる究極のセキュリティガイド。ベストセラー待望の改訂版。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • gdbの使い方に詳しくなれる本。
    レジスタの中身までは見たことがなかったので勉強になった。

  • 所在:展示架
    請求記号:007.6/E67
    資料ID:9784873115146
    だれもが一度は聞いたことがある「ハッキング」。では、どのように行われるのか?具体的な内容と分かりやすい構成による納得の一冊。
    選書担当者:牧野

  • 【由来】
    ・amazonでセキュリティの関連本

    【期待したもの】
    ・「理論と実際」について基礎知識を得たい

    【要約】


    【ノート】


    【目次】

  • 再読しています.
    初めては,パラパラして返したんだが,
    再読したら,プログラミングに対して,いろんな気づきができました.
    16進数,コンパイル,機械語,アセンブラ言語などの関係が深まった.

  • とても面白い本でしたが今の私には難しかったです

  • ハッキング云々というより低レベルな知識の総まとめに適していると思った 文章はやや固いが丁寧 ネットワークのとこまで読んで休憩中

  • 以前読んだ「HACKING:美しき策謀」の第2版が出たので借りて読んだみました。厚みが増した、解説が詳しくなった、以外は特に印象が変わりませんでした。

    ブログはこちら。
    http://blog.livedoor.jp/oda1979/archives/4144615.html

  • 50

全11件中 1 - 10件を表示

Jon Ericksonの作品

Hacking: 美しき策謀 第2版 ―脆弱性攻撃の理論と実際を本棚に登録しているひと

ツイートする