実践 Vagrant

制作 : Sky株式会社 玉川 竜司 
  • オライリージャパン
3.87
  • (3)
  • (7)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 107
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (248ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873116655

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 取り扱っている対象がOSSなのでネットでも情報を集められます。
    Vagrantは公式サイトのドキュメントが良くまとめられているので、英語で苦労しない方はそちらでもいいです。

    この本も公式サイトで扱っている範囲をカバーしています。
    なので、始めは日本語で知りたいと思う人に薦めます。

    OSSの公式ドキュメントは、多くが本体の説明で終わってしまうので、付録に追加されている情報として、あると便利なプラグインや、BOXファイルの新規作成に使用するツールの説明などが有用です。

    始めからVagrant本体以外にも、主要なプラグインやツールを知ることができれば、早く効率的に運用できると思います。

    サイズもページ数もお手頃なので、これから始めてみようと思うなら、ネットを巡回する前に一読を薦めます。

  • 1章~3章あたりまではVagrantの基礎部分に関して。
    まだVagrantに触れたことがなかったり、少ししか触れていない方には良い入門になると思います。
    既に公式サイトをみたり・ネットで情報収集しながら試行錯誤して
    何度もVagrantを利用している方は読み飛ばしても問題ないような内容です。

    4章以降を全て詳しく把握している方は少ないのではないでしょうか。
    Vagrantで複数環境を管理したい、ボックスについてもっと詳しく知ったり自作したい、
    自分でプラグインを作ってみたい、など普段からツールを様々なバリエーションで利用したり
    拡張したりする人にはとても有益な内容だと思います。
    私もボックスについて詳しく調べた事がなかったのでこの書籍を読んで簡単に
    自作のボックスが作成出来る事を知りました。
    プラグイン部分の内容に関して好意的なツイートなどしている方も多くみるので、
    この書籍をきっかけにさらに便利なプラグインが増えるかもしれませんね。

    付録もなかなかよい内容です。

    難点としては、序盤の章の基礎的な内容は公式サイトを見れば事足りること。
    typoが結構多いこと。
    しかし、typoが多いと入っても意味が取れる範囲なので、個人的にはそこまで気にならないです。

    価格帯としては書籍のボリュームに比べると高い気もしますが、
    オライリーの書籍の中では安い方で躊躇するほどでもない気がします。

    ■まとめ
    以下のような方は買いだと思います。
    ・Vagrant初心者
    ・Vagrant中級者でもっと深い使い方をしたい
    ・Vagrant利用者で英語が苦手のため公式サイトを読むのがつらい
    ・会社でVagrantの利用を広めたいが、自分以外のメンバー用に購入したい

    以下のような方には不要そうです。
    ・既にVagrantの機能についてほどほどの知識を有していて浅い利用範囲で十分
    ・英語が得意で公式サイトで事足りる上に、プラグイン開発やAWSでの利用に興味がない

  • Vagrantの基本的な使い方から応用までよくまとまっている。入門書としてもおすすめ。

全3件中 1 - 3件を表示

Mitchell Hashimotoの作品

実践 Vagrantを本棚に登録しているひと

ツイートする