AngularJSアプリケーション開発ガイド

制作 : 牧野 聡 
  • オライリージャパン (2014年4月18日発売)
3.50
  • (1)
  • (9)
  • (9)
  • (1)
  • (0)
  • 本棚登録 :76
  • レビュー :5
  • Amazon.co.jp ・本 (224ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873116679

作品紹介・あらすじ

Web開発者にいま最も支持されているJavaScript MVCフレームワーク「AngularJS」の解説書。定型的な単純作業が繰り返されがちなWeb開発をよりシンプルで楽しいものにしようというのがAngularJSの試みです。本書ではまずAngularJSアプリケーションの構成要素を押さえた上で、AngularJSアプリケーションの開発、テスト、実行手順を解説します。サーバ通信のAPIや考慮するべき点、ディレクティブの仕組みについて解説し、最後にAngularJSのさまざまな活用例を紹介します。GoogleがサポートするAngularJSには、開発メンバーがGoogleのメールやマップ、カレンダーといった大規模Webアプリケーション開発を通して学んだ教訓が凝縮されています。

AngularJSアプリケーション開発ガイドの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 全体的に読みやすかったと思うけど、読み終わってもイマイチ理解できていない部分が結構あって、そういった部分は今後調べて行かないといけないな、といった状況。

  • 情報がまとまってない感じはあるけどAngularJSってこんなことできるんだーって雰囲気を掴むのには良かった。

  • 基本的なことと、開発を始めるにあたって足がかりになる情報が載ってる。
    例も多くそのまま使える。
    yeomanはコマンドが変わってる

  • 世間もすなる JavaScript MVC、われもしてみんとて手に取る。ものの、膨大な AngularJS の機能と概念をこの薄い本で紹介するのは無理があり、まあちょっと雰囲気が判る程度といった感じ。4章でせっかくある程度のアプリケーションを作ったのに、続く 5章(サーバ通信)、6章(ディレクティブ)、7章($location など)がまったく独立した章として書かれてしまっているのは残念な構成。さらに 3章(yeoman と karma)も完全に浮いており、各章でアプリケーション構成の整合性が取れていないのは、2人の著者で分担して書いたせいか。

    jQuery と連携動作させるためのボイラープレートが意外と面倒だったり、ユニット・テスト・フレームワークは(rspec と比べて)全然イケてなかったりと、ある程度以上の開発規模にスケールさせようとすると、全面的な採用は難しそうな印象。Backbone.js から勉強した方が良かったかなぁ……。

  • まさか生まれて初めて買うオライリー本がこれになるとは……AngularJS本ってマシなのないんだもん。
    あんまり読みやすいとも網羅性が高いとも言い難いけど、中の人が何を考えてこう作ったのかがわかるのはいいコトです。

全5件中 1 - 5件を表示

Brad Greenの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
宮下 剛輔
有効な右矢印 無効な右矢印

AngularJSアプリケーション開発ガイドを本棚に登録しているひと

ツイートする