デザイニング・マルチデバイス・エクスペリエンス ―デバイスの枠を超えるUXデザインの探求

著者 : Michal Levin
制作 : 青木 博信  大木 嘉人  笠原 俊一  瀬戸山 雅人  矢野 類子 
  • オライリージャパン (2014年12月25日発売)
3.73
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • 70人登録
  • 4レビュー
  • Amazon.co.jp ・本 (388ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117089

作品紹介

Googleの現役UXデザイナーである著者が、複数のデバイスにまたがるUXをどのようにデザインすればよいか、独自の「3C」(Consistent、Complementary、Continuous-一貫性、補完性、連続性)フレームワークに基づき解説。大手からベンチャーまで、さまざまな事例が取り上げられ、現状のみならず将来を見据えた視点から書かれている。

デザイニング・マルチデバイス・エクスペリエンス ―デバイスの枠を超えるUXデザインの探求の感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 事例がよく集まっていてわかりやすかった。ただ、新しい発見はあまりなく、少し退屈だった印象。

  • IoTを含めたマルチデバイスエクスペリエンスの考え方をしることができる内容でした。

  • セカンドスクリーンという重要な考え方を知った

  • 請求記号 548.2/L 57

全4件中 1 - 4件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
エリック・リース
有効な右矢印 無効な右矢印

デザイニング・マルチデバイス・エクスペリエンス ―デバイスの枠を超えるUXデザインの探求はこんな本です

デザイニング・マルチデバイス・エクスペリエンス ―デバイスの枠を超えるUXデザインの探求を本棚に登録しているひと

ツイートする