ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hack

著者 : Joe Kutner
制作 : Sky株式会社 玉川 竜司 
  • オライリージャパン (2015年7月23日発売)
3.73
  • (7)
  • (18)
  • (8)
  • (3)
  • (1)
  • 本棚登録 :150
  • レビュー :16
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117287

作品紹介

心と体の健康を維持するための実践的で達成可能なテクニックを紹介!
プログラマおよびIT系オフィスワーカーの健康管理に関する様々なトピックについて、科学的な視点から分析と対策を読み物風にまとめた本です。プログラマにとってお馴染みの、アジャイルやリファクタ、プロジェクトマネージメントといった概念に落とし込みながら議論が進むので、特にプログラマにはおもしろく読める書籍です。

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hackの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 健康にいいと思ってジム通いはじめたのに、それからそれまで以上に風邪をひくようになった自分。この本を読んで、別にジムになんて通わなくていいかもなと思った(まあ、自分の場合、金を出さなきゃ運動しないのだろうけど)。
    この本によると、座るのは健康に悪いのだとか。プログラマってだいたい、座り仕事だしなぁ。最近は、スタンディングデスクも多いと聞くけど、自分はやりたくない。それなら、バランスボールがいい。
    健康に悪いと聞くと、できるだけ立つようにしようと思うけど、電車で空いてる席があると座ってしまう自分。うーん。ジムでカバーできてないものか……。
    ところで、アメリカにはブルーライトカットメガネってないのだろうか。フィルタ機能付きのレンズという記述はあったから、それのことかな? 自分は、JINSのPCメガネを使うようになってから、目が疲れにくくなった気がする。
    バイシクルハムストリングストレッチとバイシクルカーフストレッチの写真は、間違い探しかと思った。何が違うのか写真見ても分からなかった(写真の説明読んで、ようやく何が違うのか分かった)。
    ビックリしたのが、ランニング前のストレッチはしないほうがいいという話。これから走る前にはストレッチしないよう教えるほうがいいのかもしれない。まあ、ストレッチによるそうだけど。
    それにしても、ところどころで日本での事例がでてきた。日本は世界一の長寿国といわれてるし、健康な人が多いのだろうか。

  •  プログラミングをスムーズにするための方法を”ヘルシー”と言っているのではなく、文字通り身体の健康を扱っている。体重増加、頭痛、眼精疲労、腰痛、手首痛といったプログラマにありがちな健康上の問題に対してアジャイルな方法で、まるでプログラミングをしているかのようにアプローチしている。

     なぜアジャイルな方法を採っているかといえば、プログラマ向けだからというシャレやプログラマにとって馴染み深い手法という側面もあるだろうが、実際のところかなり理にかなったアプローチになっている。現状を把握し、幾つかの手法を1,2週間試し、合うものは続け、合わないものは修正、そしてまた現状を把握し、次の手法を試す……とアジャイルのサイクルにピッタリと当てはまる。また、習慣づいているもの徐々に変えていくというスタイルもアジャイル的である。

     具体的な例も多く、また紹介されているストレッチの多くは仕事の合間にできる無理のないメニューとなっているので実用的である。本書はプログラマ向けではあるが、1日中座っているデスクワーカーにも有効な内容となっている。

  • 年のせいか目の疲れがきつくなったので購入しました。
    プログラマ向けにアジャイルなトーンで書かれており、読んでいて楽しい気持ちになります。
    「視覚のユニットテスト」を参考に、モニタ輝度調整と水分を多めにとるようにしたら、症状が軽くなりました。

  • 【分類】498.3/Ku94
    自然科学のコーナーに並んでいます。

  • 請求記号 007.3/ku 94

  • 何事においても体が資本。長生きするためにも、この業界での長時間労働は避けた方がよさそう。

  • インクリメンタルに習慣を変えていき、健康になるという本。
    科学的な根拠となる文献が示されていて良いです。
    事例はプログラマ向けですが、デスクワークが中心の生活を送っている人すべてにオススメできる内容でした。

  • スモールスタートでアジャイルに回していけるって意味では、サービスリリースや技術的負債の返済サイクルとだいたい同じなので、確かにエンジニアには取っつきやすい感じ。というかこれは新しいこと始める、習慣を身につける上では何事にも応用できそう。Ingressが含まれているあたりに時代を感じる。

  • タイトルと帯に釣られて買ったけどそれほど得るものは無かったかな。

  • おまえらエンジニアは健康の事なんてまったく考えたことないだろうから教えてやるよ、という感じ(偏見)の本。

    野菜を食べた方がいいとか運動した方がいいとか、そういうことはみんな知ってると思うが、実践までできているなら読む必要はなさそう。

全16件中 1 - 10件を表示

Joe Kutnerの作品

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hackはこんな本です

ヘルシープログラマ ―プログラミングを楽しく続けるための健康Hackを本棚に登録しているひと

ツイートする