実践 JUnit ―達人プログラマーのユニットテスト技法

制作 : 牧野 聡 
  • オライリージャパン
4.44
  • (4)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 58
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (272ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873117300

作品紹介・あらすじ

合い言葉で覚えるユニットテストのアプローチ!
Javaユニットテストのデファクトスタンダード「JUnit」の解説書。モダンなJava開発においてユニットテストはいかなるアプリケーションを開発する場合にも欠かすことのできないプロセスです。本書では、ユニットテストの基礎からチーム開発でのユニットテストまで、達人プログラマーの実践的テクニックを明らかにします。さまざまなベストプラクティスからわかりやすい合い言葉が作られており、読者はユニットテストでの指針をすぐにマスターできるでしょう。避難は「おかし」、味付けは「さしすせそ」、ユニットテストは「FIRST」!

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 達人プログラマーな著者による JUnit を利用する実践的なユニットテストの解説。

    章立てがきれいにまとまっており、読者自身の知識や目的に応じて読み方を選択しやすくなっている。
    実践的なコード例が多数登場する。それぞれのコードで実現したいこと(Why/What)を本文で丁寧に説明するような構成になっているのは素晴らしい。

    「第一部 ユニットテストの基礎」を読むことで、JUnit に詳しくない人でもテストコードを読めるようになる。今まで JUnit を使ったことのない人や、JUnit 3 で知識が止まっている人がキャッチアップするには必要十分な説明だ。

    「第二部 合言葉で覚えるユニットテスト」を読むことで、無駄のないユニットテストを設計、実装できるようになる。
    いわゆる基礎なのだけどキーワードでくくってあるのが面白い。

    「第三部 より大きな設計の全体像」では、実際のプロジェクトにも登場しそうなコードを、ユニットテストのテクニックとともに洗練していく様子を具体例で解説している。

    「第四部 より大きなテストの全体像」では技術的な課題やコミュニケーションの課題を扱っている。
    技術的な課題としては、マルチスレッドプログラムをユニットテスト可能とするまでの1つの手順を紹介している.コミュニケーションの課題としては、プロジェクトのメンバーがユニットテストを使いこなせるようになるための道のりを紹介している.

  • JUnitの書き方というよりユニットテストの考え方についての本でした。

全2件中 1 - 2件を表示

Jeff Langrの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
宮下 剛輔
有効な右矢印 無効な右矢印

実践 JUnit ―達人プログラマーのユニットテスト技法を本棚に登録しているひと

ツイートする