インタフェースデザインの心理学 第2版 ―ウェブやアプリに新たな視点をもたらす100の指針

  • オライリージャパン
3.59
  • (3)
  • (5)
  • (8)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 178
感想 : 10
  • Amazon.co.jp ・本 (296ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873119458

作品紹介・あらすじ

ベストセラー書でロングセラー書の改訂版!
人間の行動原理を意識したデザインの提唱で多くのデザイナー、エンジニアに支持され続けるロングベストセラー書の改訂版。わかりやすさはそのままに、ヤル気から感情まで各分野の新しい研究結果を反映して待望のアップデート。デザインは相手から無意識の反応を誘い出すための大事な要素です。人間の行動原理を理解していないデザインは相手を混乱させ目的の結果につながりません。本書では科学的な研究から導き出された、100の指針を例とともにわかりやすく紹介します。人間の思考や行動、遊び方にマッチした直観的で人を引きつけるプロダクトをデザインするための必読書です。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 人間の行動は人間が本来持っている性質から来ているものが多いのですね。なぜその行動や選択をするのか分析されていてウェブに関係ない人も面白いと思う。私は仕事でヒントになりそうなことがたくさんあった。

  • 「ユーザインタフェース論」
    樫村雅章先生 参考図書
    https://library.shobi-u.ac.jp/mylimedio/search/search.do?target=local&mode=comp&materialid=00080926

  • 出だしから論文オタクと書いているが、多くの側面からインタフェースを捉えた、示唆に富んだ素晴らしい本

  • 対象のあらましをつかむのは周辺視野の役割

    パターン認識  物の識別には幾何形体を基準にしている
    顔認識は紡錘状顔領域が専任

    目をひくには、
     ひとつだけ違うものにする ひとつの特徴のみ変える 
     自分の使う言語の標準的読み方の位置 上および左30%まで
     アフォーダンス 手がかり ボタンらしく陰影をつける
     赤と青、緑を近くに置かない 目への刺激が強すぎる
     長い行のほうが早く読めるが、短い行のほうが食いつきが良く好まれる

    ワーキングメモリー 学業成績に比例
     一度に覚えられるのは4つだけ 多い場合は4つ以下のチャンクに分ける
     スキーマ(関係を構築する枠組み)に情報を保存することで取り出しやすくする
     
    人は毎秒400億個の感覚入力、意識的に処理されるのは40個
     新近性効果(最後のほうが覚えてる)
     サフィックス効果(最後の他の情報で薄まる)
     記憶は思い出すたびに再構築される
     ドロップダウンメニュー 忘れることを前提としたデザイン
     段階的開示 情報に圧倒されず様々なニーズに対応 クリック=考える負担低減
     
    メンタルモデル 利用者が心の中でどうとらえているかを表現したもの
    概念モデル 実際にUIに接して構築する具体的なモデル
    物語で因果関係を伝える
    人は物事を分類したがる

    フロー状態 意識の集中
    予想と異なる事象の発生には気づかない 
    マルチタスク 相手の声が聞こえない電話の話には脳が余計に働きじゃまに感じる

    目標に近づくほどやる気が出る
    アイコンの通知がパブロフのベル
    人の行動は「性格」のせいとみなすが、自分の行動は「状況」を理由とする
    競争意欲はライバルが少ないと増す
    強い絆の集団の限界は150人
    人は牧歌的な自然の風景、生存に役立つものを好ましく思う

  • 摂南大学図書館OPACへ⇒
    https://opac2.lib.setsunan.ac.jp/webopac/BB50237335

  • 授業でも使っている本の新版が出た.デザインを学ぶ人は読んでおくと良い.

  • UIのお勉強。

    006:人は過去の経験と予想に基づいて画面を見る
    ・いちばん重要な情報(あるいは注目してほしい物)は画面(ページ)の上および左(あるいは右)から30%までの位置に置きましょう。
    ・重要な情報は端に置いてはなりません。人は中心視野では端を見ない傾向があります。
    020:一度に覚えられるのは4つだけ
    044:注意力の持続時間は約10分
    047:危険、食べ物、セックス、動き、人の顔、物語は注意を引きやすい
    055:進歩や熟達によりヤル気が出る
    ・ユーザーが自分で目標を設定し、達成の経過を追えるような仕組みを考えましょう。
    ・ユーザーには、目標に向かって進んでいることを目に見える形で提示しましょう。
    063:「強い絆」を有する集団の規模の上限は150人
    094:「お金」より「時間」
    「親近感をもったときのほうが、購買意欲が強くなり、使う金額も多くなり、購入したものに対する満足度も高くなる」。親近感を生んだのは、ほとんどの場合「お金」よりも「時間」に関するメッセージでした。つまり「時間」に関するメッセージによってその製品にかかわる購入者の体験が浮き彫りにされ、それを思い浮かべることによってその製品に対する親近感が生まれる、というわけです。

  • 請求記号 547.48/W 55

全10件中 1 - 10件を表示

Susan Weinschenkの作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
J・モーティマー...
有効な右矢印 無効な右矢印
  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×