インティメイト・ストレンジャー ―「匿名性」と「親密性」をめぐる文化社会学的研究―

著者 :
  • 関西大学出版部
2.33
  • (0)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 18
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (396ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873544755

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料ID:21503654
    請求記号:361.454||T
    配架場所:普通図書室

  • 宮台真司さんと微妙に似ているフィールドで研究していたのかな、と感じた。
    でも、近年のバーチャルリアリティ関連の話は難しいけれど未来を見据えていて面白かった。
    インティメイト・ストレンジャーの定義は面白いと感じたが、他の学者も名前を変えて似たような現象を定義していると思う。この辺りの研究は過渡期なのだろうか…。過渡期だからこそ、今を研究している感じで私にとって社会学は面白い学問なのかもしれない。

全2件中 1 - 2件を表示

富田英典の作品

ツイートする