日本と琉球の歴史景観と地理思想 (関西大学東西学術研究所研究叢刊)

著者 :
  • 関西大学出版部
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (358ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873545493

作品紹介・あらすじ

琉球は、古代以来、日本文化の影響下におかれてきたというのが一般的な理解である。しかし、歴史景観に潜んでいる地理思想を分析すれば、これはある意味では作為的なミスリードであったことがわかる。本書では、集落形態、道路網、龍の存在、魔除けの標識、天妃信仰などのフィールド調査を通じて、相互の多面的な交流を検討する。

著者プロフィール

三光ソフランホールディングス代表取締役

「2014年 『[図解]「お金持ち大家さん」になる方法』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高橋誠一の作品

日本と琉球の歴史景観と地理思想 (関西大学東西学術研究所研究叢刊)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする