映画でわかる世界と日本

著者 :
  • キネマ旬報社
4.00
  • (1)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873763002

作品紹介・あらすじ

映画とは、社会を映す「鏡」である。半世紀以上にわたり世界中の映画を見続けてきた佐藤忠男が今あらためて"映画をどう見るか"を解き明かす注目の映画論。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • アジアの映画をもっと観たい。

    はじめに
    映画で異文化とどう対話するか
    1 自惚れ鏡としての映画
    2 自尊心の罠について アメリカの自己認識
    3 アメリカ映画のヒーロー
    4 テロと映画
    5 日本映画のヒーローの系譜
    6 怪談とホラー
    7 成瀬巳喜男の目線の演出
    8 二枚目の使命
    9 イスラム映画からの発信
    10 映画で民族主義を超える

  • 今、世界の動向のカギを握っている勢力の最大のもののひとつがイスラム勢力。しかし同時に自分たちの主張を世界に発信する力がもっとも乏しいのもまたイスラムである。

全2件中 1 - 2件を表示

佐藤忠男の作品

ツイートする