宮崎駿 (キネ旬ムック―フィルムメーカーズ)

著者 :
  • キネマ旬報社
3.33
  • (1)
  • (5)
  • (11)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 65
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (223ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873765112

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ■書名

    書名:宮崎駿
    著者:養老 孟司

    ■概要

    宮崎駿に関する考察や技術をまとめた一冊(~もののけ姫時代まで)

    ■感想

    この本は、失敗しました。
    本人、関係者のインタビューはほんのわずかです。
    それ以外は、無関係な人が無責任にダラダラ記載した文章です。

    自分としては、無関係の第三者が無責任に評論する文章を、お金を
    払って読むことにものすごく違和感を覚えます。
    (無料であれば、違和感はありません)

    という事で、特に楽しめない本でした。

    ■自分がこの作品のPOPを作るとしたら?(最大5行)

    宮崎駿を解剖!
    今まで知らなかったジブリがここにある!
    生き急ぐあなたへ!

    ■気になった点

    ・言葉にしたくないから作品を作る。

    ・アニメーションは基本めくらましの技術。

    ・落ち着かないから憎しみの出てくるんじゃないですか?

  • ところどころ項目ごと興味あるのを読む。

  • 色んな人達による宮崎駿作品の批評集というか感想集というような本
    読んでいる間楽しめます

  • 分類=アニメ・宮崎駿。99年4月。

  • 展示期間終了後の配架場所は、開架図書(2階) 請求記号 778.77//Mi88

全5件中 1 - 5件を表示

プロフィール

解剖学者。1937年、神奈川県生まれ。著書に『バカの壁』『遺言。』(ともに新潮社)など。

養老孟司の作品

ツイートする