ジョン・ウー―期待の映像作家シリーズ (キネ旬ムック―フィルムメーカーズ)

著者 :
  • キネマ旬報社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 10
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873765471

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 地元の図書館の除籍資料無料頒布でもらってきました。税金払っててよかった。
    ジョン・ウー作品ではレッドクリフが好きな私としては、MI2までしか収録されていないのは少々残念ですが(そんな最近の本だったら図書館だって除籍しないだろうしね)、男たちの挽歌等の香港ノワールの解説はちゃんと抑えてあったので満足です。
    そして男たちの挽歌シリーズとフェイスオフの監督が同じ人、と聞いたときの、あの「ああ…どおりで……」とすごく腑に落ちた感じをクリアに思い出しました。いいですよねジョン・ウー。スタイリッシュにわかりやすい(いい意味で)。

  • 『男たちの挽歌』など香港映画についてはあまり触れていない

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

映画評論家。一九五〇年、東京生まれ。著書に評論集『無限地帯』(ワイズ出版)など多数。

宇田川幸洋の作品

ジョン・ウー―期待の映像作家シリーズ (キネ旬ムック―フィルムメーカーズ)を本棚に登録しているひと

ツイートする