20世紀の扉を開いた哲学―フッサール現象学入門

制作 : Klaus Held  浜渦 辰二 
  • 九州大学出版会
3.67
  • (1)
  • (0)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 12
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (177ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784873786254

作品紹介・あらすじ

フッサール現象学は、「"間"の次元の発見」によって、20世紀の哲学に対してまったく新しい思考可能性の扉を開いた。この着想のもとに、フッサール現象学を読み直し、再評価を試みる。それとともに、ヨーロッパ大陸の哲学と英米の哲学という、二つに分断された現代哲学の状況のなかで、両者に橋を架ける可能性をフッサール現象学に見ようとする。近代から現代へという大きな哲学の流れのなかで、フッサール現象学が持つ意味を見据えつつ、初学者のための入門に貢献しようとする。長く邦訳が期待されていた、正統派のフッサール現象学入門書が、ここにようやく日の目を見る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 40ページまで読む

  • むんむん考えながらやっと読めた。疲れた。そういう意味でタフではあるけど、フッサールに入門出来た気になる。

全2件中 1 - 2件を表示

クラウス・ヘルトの作品

20世紀の扉を開いた哲学―フッサール現象学入門を本棚に登録しているひと

ツイートする