エロスの現象学 (竹田青嗣コレクション)

著者 :
  • 海鳥社
3.50
  • (0)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (357ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874151624

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2017.8.30
    他のとこでも述べている、欲望論の意義や、後様々なポストモダン批判や近代批判についての論考。つまみ読み。難しい。

  • 1986年から95年にかけて書かれた論考で、著者の現象学ないし欲望論の思想について語ったものと、思想的ないし社会的な状況について論じたものが収録されています。

    著者は本書に収められた論考のなかで、ポストモダン思想の懐疑論的な性格をくり返し指摘しています。そのうえで、著者自身が立脚するところの現象学の立場から、それが克服されなければならない理由を語っています。また、ボードリヤールやドゥルーズ=ガタリの社会システム論に対しては、この社会を改変していく可能性をほとんど感じることができないという人びとの実感に適合していることを認めつつ、実存の立場から、新たな展望を切り開くことをめざしています。

    状況論では、昭和天皇崩御や連続女児誘拐殺害事件、オウム真理教事件といったトピックに寄せて、著者の思想的立場から考察がなされています。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

1947年生まれ。哲学者。早稲田大学政治経済学部卒業。現在、早稲田大学国際教養学部教授。主な著書に、『プラトン入門』、『言語的思考へ』、『人間的自由の条件』、『完全解読 カント『純粋理性批判』』、『完全解読 フッサール『現象学の理念』』ほか多数。

竹田青嗣の作品

エロスの現象学 (竹田青嗣コレクション)に関連するまとめ

エロスの現象学 (竹田青嗣コレクション)を本棚に登録しているひと

ツイートする