餓島巡礼―ガダルカナルで戦死した夫や父、兄を追って

著者 :
  • 海鳥社
4.00
  • (1)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (265ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874155370

作品紹介・あらすじ

戦死者たちをどう、弔ってきたのか。餓島-ガダルカナル島。第二次世界大戦で日本は三万数千人を動員、二万千人が戦死、多くは飢えとマラリアで亡くなる。この密林に放置された家族の遺骨を、せめて故郷にと願う遺族。戦後60年、最後の慰霊巡拝を追う。NHK「ETV特集」で放送された感動ドキュメンタリー。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 2009/
    2009/

    餓島・ガナルカナル島

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1966年東京都生まれ。テレビディレクター、作家 。早稲田大学政治経済学部卒。
1990年NHK入局、ETV特集、NHKスペシャルなどを担当し、手がけた番組でギャラクシー賞選奨、放送文化基金賞、橋田賞などを受賞。映画「father」を監督。

「2020年 『まなざしの力』 で使われていた紹介文から引用しています。」

渡辺考の作品

餓島巡礼―ガダルカナルで戦死した夫や父、兄を追ってを本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする
×