東京ひとり歩き ぼくの東京地図。

著者 :
  • 京阪神Lマガジン
4.00
  • (1)
  • (4)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 85
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (159ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874355312

作品紹介・あらすじ

オリンピックを控え、日々変わりゆく東京の街について、元『relax』編集長の岡本仁が、ひたすら歩き、考え、写真を撮りながらまとめた、爽やかで軽やかな東京論。二重橋から東京駅へ、日本橋から竹橋へ、築地から日比谷へ、上野広小路から湯島へ、乃木坂から神谷町へ、千駄ケ谷から新宿西口へ、霞ケ丘町から赤坂見附へ……インターネットではきっと検索できない、都市の意外な連続性に満ちた街歩きの記録をマップ付きで紹介します。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10月出張時、羽田空港雑誌

  • 東京に住んでいる人のための案内書。
    大人っぽく、センスがいいところばかり。近くには行っても、寄ったことないところがほとんどだった。いいお店を教えてもらった。
    この街はどんどん変わっていくのが特徴、と肯定的に受け止めつつ歩き回る。東京オリンピック前という発売のタイミングと、カバー裏の工事中のクレーンの写真を見ると、ここで紹介したものがすぐに古くなったり、なくなったりすることも織り込み済みという感じなのかな。
    散歩のコツはいつも小腹を減らしておくこと、と言いつつ、いくらなんでも食べる量が多すぎないか?と思ったら散歩と称して朝から夜まで歩いているのだ。歩く距離もすごい。

全2件中 1 - 2件を表示

著者プロフィール

1954年、北海道夕張市生まれ。大学卒業後、テレビ局勤務を経てマガジンハウスに入社、『ブルータス』『リラックス』『クウネル』などの編集に携わった後に退社。2009年よりランドスケーププロダクツにてプランニングや編集を担当。著書に『今日の買い物。』『続・今日の買い物。』(ともにプチグラパブリッシング刊、岡本敬子との共著)、『ぼくの鹿児島案内。』『続・ぼくの鹿児島案内。』『ぼくの香川案内。』(すべてランドスケーププロダクツ刊)、『果てしのない本の話』(本の雑誌社刊)、『ぼくらの岡山案内。』(ランドスケーププロダクツ刊、坂口修一郎との共著)などがある。

「2017年 『東京ひとり歩き ぼくの東京地図。』 で使われていた紹介文から引用しています。」

岡本仁の作品

ツイートする