秋田マタギ聞書

著者 :
  • 慶友社
3.60
  • (2)
  • (0)
  • (2)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 13
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (243ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874491539

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • 秋田出身で、角館を拠点としてマタギ関連の民俗を研究した著者が、昭和10~20年頃にかけて仙北郡・由利郡・北秋田郡あたりのマタギから聴取した貴重な内容が記されている。読み物ではなくて学術資料である。

    著者没後に、残された原稿を書物としてまとめたもの(昭和44年刊)というだけあって読みやすいとは言えないが、秋田マタギの習俗や怪異談、クマ(ツキノワ)狩りの作法、雪崩に関する記述などには興味をそそられる。

    中でも、お産や煙草などは「産火」と呼ばれ不吉とされたことや、鉄鍋のツル越しに飯を盛ってはならない、寒中に豆を煎ってはならない等の禁忌は、迷信とも先人の戒めともつかないことだが、そうした厳格なしきたりが受け継がれたところに自然への畏敬が感じられる。

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1896ー1956。民俗学者、郷土史家、考古学者。秋田県、角館を中心とした民俗調査で知られる。著書に、『自然と伝承』『秋田農民一揆史』など。

「2017年 『マタギ聞き書き その狩猟民俗と怪異譚』 で使われていた紹介文から引用しています。」

武藤鉄城の作品

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×