さらば、悲しみの性―産婦人科医の診察室から (考える高校生の本 20)

著者 :
  • 高文研
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 17
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (196ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784874980200

著者プロフィール

72年、広島大学医学部卒業後、産婦人科学教室に入局。81年から広島市内の総合病院に勤務し産婦人科部長として活躍。90年11月、河野産婦人科クリニックを開設。休診日には講演活動で全国に飛ぶなど活躍中。89年には第11回エイボン女性教育賞を受賞。ボランティア団体「広島エイズ・ダイヤル」代表、日本思春期学会理事。主な著書に『さらば、悲しみの性』(高文研/集英社文庫)『ティーンズ・ボディQ&A』(東山書房/学陽文庫)『いのち・からだ・性』『更年期ダイアリー』(高文研)など多数。共著に『思春期ガイド』(十月舎)『初めてのSEX』(集英社文庫)などがある。

「2014年 『産婦人科の窓口から』 で使われていた紹介文から引用しています。」

河野美代子の作品

ツイートする
×