クリストファー・アレグザンダー―建築の新しいパラダイムを求めて

制作 : 吉田 朗  辰野 智子  長塚 正美 
  • 工作舎
3.75
  • (2)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 33
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (361ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875021537

作品紹介・あらすじ

ポストモダンの建築の旗手クリストファー・アレグザンダー。「パタン・ランゲージ」「センタリング・プロセス」などのキーコンセプトを次々と提出し、建築パラダイムの再構築を図るアレグザンダーの全体像を余すところなく描き出し、建築界のみならず、現代思想全般に衝撃を与える傑作評伝。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 今回のテーマは、クリストファー・アレグザンダーの思想です。

    デカルト的な二元論的パラダイムとは異なる見方で、建築の世界を捉え直し、建築のデザインを再考したクリストファー・アレグザンダーの考えと実践の遍歴を辿ります。

    前書き, 序, 第1~12章

  • クリストファー・アレグザンダーについて、
    彼自身の著書よりも、わかりやすくまとめられています。
    面白い、よい本だと思います...。

    http://blogs.dion.ne.jp/k_nakama/archives/10937901.html

  • 内容(「BOOK」データベースより)
    ポストモダンの建築の旗手クリストファー・アレグザンダー。「パタン・ランゲージ」「センタリング・プロセス」などのキーコンセプトを次々と提出し、建築パラダイムの再構築を図るアレグザンダーの全体像を余すところなく描き出し、建築界のみならず、現代思想全般に衝撃を与える傑作評伝。
    目次
    問題提起
    異常事態の認識
    ルールを極限まで適用する試み
    生成システムを求めて
    ブレイクスルー
    価値と事実の間で
    個人性と非個人性の接点
    もの作りの本質
    拡張と実験
    共同作業
    理論の構築
    挫折、そして新たな展開
    プロセスを求めて
    マネー・フロー
    政治
    社会とのかかわり
    建設行為
    戦いの火蓋は切って落とされた
    ガラス玉演戯
    幾何学と色彩
    総合

全3件中 1 - 3件を表示
ツイートする