科学の運―発見と逸機の科学史

  • 工作舎
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 4
感想 : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (285ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875021766

作品紹介・あらすじ

科学的発見がいかに偶然的要因によってなされるかを、さまざまな例を上げて分析した異色の科学史。まったくの偶然で発見をなし得たラっきーな科学者、発見の手前までいったにも関わらずチャンスに恵まれずに機を逸した科学者、無意識的には発見していてもその発見の意味を正しく認識できなかった科学者…など、さまざまなケースを紹介、何が発見と逸機をもたらし、科学者の明暗を分けたのかを検証する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • k

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

茨城県生まれ。イラストレーターとして、新聞・雑誌・絵本・ポスターなど多彩な分野で活躍。絵本作品に「はるちゃんトイレ」「ネグリルからきた少年」「ファミリ-・ポ-トレ-ト」「絵本徒然草」「みんながいこつ」などがある。
この「ぼくたち子ども宣言」は紙粘土による立体イラストレーション作品。おたんじょう月は4月。

「2011年 『ぼくたち子ども宣言』 で使われていた紹介文から引用しています。」

田中靖夫の作品

科学の運―発見と逸機の科学史を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
ツイートする
×