科学史から消された女性たち―アカデミー下の知と創造性

  • 工作舎
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 26
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (443ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875022077

作品紹介・あらすじ

17世紀のデカルト主義者プーランは、「知性に性の区別なし」と書いて、女性が男性と同様に社会・文化の世界で活躍する道を開いた。にもかかわらず、その後の科学革命の歴史には、女性科学者の名はほとんど登場しない。なぜか?科学の発展を陰で支えながらも、歴史の表舞台に登場できなかった女性たち-自然哲学者マーガレット・キャベンディシュ、数学者エミリ・デュ・シャトレ、昆虫学者マリア・メリアン、天文学者キャロライン・ハーシェル…。著者は、彼女らの優れた業積を次々と紹介し、彼女たちが科学の表舞台から消されていった社会的背景や、当時の性差についての価値観を明らかにする。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 日本人ノーベル賞受賞者が少ないのは、言語の問題をよくしてきされている。
    女性のノーベル章受賞者が少ないのは、全く異なる理由らしい。
     ロザリンド・フランクリン
     リーゼ・マイトナー
    など、女性の科学者が、なぜ、輝かしい受賞暦がないか、
    受賞暦がないために、科学歴史にのこらないのは、おかしいという2つの視点がある。

    後者は歴史家の不勉強なので、本書のようなものがでれば補うことが可能だ。
    前者は、歴史家の問題ではなく、科学界の問題だろう。

  • 17世紀のデカルト主義者プーランは、「知性に性の区別なし」と書いて、女性が男性と同様に社会・文化の世界で活躍する道を開いた。にもかかわらず、その後の科学革命の歴史には、女性科学者の名はほとんど登場しない。なぜか?科学の発展を陰で支えながらも、歴史の表舞台に登場できなかった女性たち―自然哲学者マーガレット・キャベンディシュ、数学者エミリ・デュ・シャトレ、昆虫学者マリア・メリアン、天文学者キャロライン・ハーシェル…。著者は、彼女らの優れた業積を次々と紹介し、彼女たちが科学の表舞台から消されていった社会的背景や、当時の性差についての価値観を明らかにする。

全2件中 1 - 2件を表示

ロンダ・シービンガーの作品

ツイートする