思考の道具箱―数学的リアリティの五つのレベル

制作 : 金子 務  大槻 有紀子  竹沢攻一  村松俊彦 
  • 工作舎 (1993年3月1日発売)
3.89
  • (3)
  • (2)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
  • 本棚登録 :51
  • レビュー :2
  • Amazon.co.jp ・本 (399ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875022138

作品紹介・あらすじ

いったい情報とは何なのか。数学は思考の役に立つのか。人生や想像力に限界はあるのか…。奇才ラッカーが、数学の大テーマである「数・空間・論理・無限」を最先端の情報理論で楽しく料理してみせる、思考のアクロバット・ショー。

思考の道具箱―数学的リアリティの五つのレベルの感想・レビュー・書評

並び替え:

表示形式:

表示件数:

  • 著者は、SF作家でもあるという。

    1 数
    2 空間
    3 論理
    4 無限
    5 情報

    を視点として提供している。

    一つ一つの話題は、図もあり、分かりやすい。

    重要な概念で抜けていると考えられるのは「時間」ではないだろうか。

全2件中 1 - 2件を表示

ルーディ・ラッカーの作品

思考の道具箱―数学的リアリティの五つのレベルはこんな本です

思考の道具箱―数学的リアリティの五つのレベルを本棚に登録しているひと

ツイートする