オデッセイ1971‐2001―工作舎アンソロジー

制作 : 工作舎 
  • 工作舎
3.55
  • (3)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (1)
本棚登録 : 35
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (305ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875023586

作品紹介・あらすじ

『遊』創刊号からフランシスコ・ヴァレラまで工作舎30年の出版物より厳選した珠玉の断片集。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 10/30 読了。
    「すべての本物の文学者は言語を結晶化によって獲得している」マンディアルグ

  • 工作舎の本。たてたてよこよこ

  • 全人口の〇・〇〇〇〇七%に当たる一一人のオランダ人がゴールを決めて敵を負かしたとしても、国民それぞれが一流のサッカー選手になったような気分を味わうものだ。かといって、四分の一のオランダ人が近親相姦の被害者になったことがあると判明したとき、だれが自分もその一員だと考えるだろうか。オランダに近親相姦者はいるにしろ、全国民は彼らを仲間だとは感じていない。特別な呪文を唱えて、こうした人間を排除するのが落ちである。つまり、「異常」として片づける、というわけだ。
    ――ミダス・デッケルス


    気が向いたら何と無く開いてみる本。

  • いいことないなーという時に適当にページを開いて読んだりします。とても大事にしている本のひとつ。

  • 「ことばがしみる ことばがうなる ことばがあそぶ」──帯より。
    工作舍の刊行物より珠玉の言葉片を集めたアンソロジー。名言集は大好きだ。言葉の力と使う人の知性、センスを実感する。
    なにより何も考えずに適当にぱらっとページを開けるのがいい。

全5件中 1 - 5件を表示

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
松岡 正剛
松岡 正剛
クラフト・エヴィ...
中沢 新一
松岡正剛
松岡 正剛
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする