雑誌のカタチ―編集者とデザイナーがつくった夢

著者 :
  • 工作舎
3.61
  • (5)
  • (1)
  • (12)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 39
レビュー : 8
  • Amazon.co.jp ・本 (165ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875023982

作品紹介・あらすじ

12月の初めに出る「新年号」。雑誌の中には常に近未来の時間が流れている。われわれは雑誌を通して「起きつつある何か新しいこと」に参加し、「一歩先の未来の予感」を共有する…。雑誌が持ちえたこうした"共同幻想力"はどのように作り出されたのか。気鋭のコラムニスト/批評家が編集者、デザイナーたちの"雑誌のカタチ"をめぐるドラマに迫る。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 資料番号:010950046
    請求記号:051/ヤ

  • 13003

    「POPEYE」や「ぴあ」など時代を代表する雑誌が生まれた背景には、インターネットの情報には置き換えられない「雑誌愛」があったんだね。

  • ただ「昔の雑誌はよかった」という懐古趣味だと毛嫌いするのもよいが、そういうのを捨てて読んだら、とても楽しい。自分は雑誌にさほど拘りがないが、この本にはモノづくりの旨みが集められていると思う。図版を眺めているだけでも、なかなか。引用符が……。

  • 雑誌レイアウトの仕事は知らない世界。それをカタチという視点から語っていて、webへの展開をどうすればいいのかを考えるヒントがありそうだ。

  • 2009/7/11購入

  • 雑誌大好き。

  • 分類=出版社・雑誌。06年10月。

  • 最近はやりのこの手のなかでは最も充実している。
    実際の雑誌のレイアウトなどもあって、手元においておきたい本。

全8件中 1 - 8件を表示

プロフィール

2018年3月現在武蔵野大学通信教育部 専任講師

山崎浩一の作品

ツイートする