歴史への視点 (全集 現代文学の発見 第12巻)

著者 :
制作 : 大岡昇平  埴谷雄高  佐々木基一  平野謙  花田清輝 
  • 學藝書林
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (629ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875170709

作品紹介・あらすじ

歴史小説とは史実なのか、フィクションなのか。歴史と芸術の結晶「山の民」を巻頭に、作家の代表作「李陵」「楼蘭」「婉という女」をはじめ、異色作「土佐兵の勇敢な話」「秘事法門」など、多彩な九作品を収録。

著者プロフィール

明治22年(1889年)、岐阜県高山市生まれ。田山花袋の書生や代用教員のかたわら、創作に励む。大正15年『追放』を執筆後、渡欧。大作『山の民』は昭和13年に発売されて以来、改作を重ね、昭和48年最終稿が刊行された。ほかに、長編『受難者』『氷の河』、歴史小説『本郷村善九郎』など。

「2014年 『山の民 下 〈新装新版〉』 で使われていた紹介文から引用しています。」

江馬修の作品

歴史への視点 (全集 現代文学の発見 第12巻)を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
ツイートする