ようこそニュートリノ天体物理学へ

著者 :
  • 海鳴社
3.00
  • (0)
  • (0)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 14
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (126ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875252115

作品紹介・あらすじ

一般向けに(おもに高校生)、受賞研究をわかりやすく講演・解説したもの。初めて超新星からのニュートリノをキャッチし、さらにそれが質量を持っていることなどを発見し、世界に衝撃をあたえた。データや写真で視覚に訴えた、天体物理学の最新報告。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 講演内容を書き起こした本。最後の質疑応答が面白かった。講演に行ってみたくなった。
    話したことをそのまま文章にしただけのようで読み物としては今一つなのが残念。

  • 講演の内容を本にしてある。ニュートリノについて知るには、この本だけでなく、自分で勉強したらいいと思う。

  • これってきっと講演会で聞くと面白いのだろう。本で読むと話があちこちに飛ぶので、かえってわかりにくい。
    概して頭のいい人はこのような話し方をする傾向はある。

  • わかりやすく説明しているのだけど、やっぱり難しい。表紙のうれしそうに笑っている写真がいいです。

全4件中 1 - 4件を表示

小柴昌俊の作品

ツイートする