路傍の奇跡―何かの間違いで歩んだ物理と合気の人生

著者 :
  • 海鳴社
4.25
  • (1)
  • (3)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (266ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875252757

作品紹介・あらすじ

物理学上の大発見! 最小作用の法則から、シュレーディンガー方程式を含むこの世界全般(ミクロからマクロまで)に通用する一般解の数式発見物語。それは=ヤスエ方程式として日本よりも世界で有名なものである。これだけでも驚きと感動の物語であるが、それにとどまらない。合気の技の習得にいたる不思議な体験の数々。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 物理学者である、保江氏の数奇に満ちた半生を描いた自伝。
    合気という武術の極意を悟る以前のお話です。
    様々な出会いや出来事は、決して偶然ではないと著者は言います。
    自分の人生を振り返ってみても、運命という存在を無視することはできません。
    何かに導かれるように今にたどり着く半生は、非常に濃く、波乱に満ちたものです。
    読み物としても、とてもおもしろかったです。

全1件中 1 - 1件を表示

保江邦夫の作品

路傍の奇跡―何かの間違いで歩んだ物理と合気の人生を本棚に登録しているひと

ツイートする