内なる異性―アニムスとアニマ (バウンダリー叢書)

  • 海鳴社
4.25
  • (2)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 28
感想 : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (153ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875252931

作品紹介・あらすじ

C・G・ユング夫人である著者は、夢や神話、民話、文学作品等にあらわれたアニムスとアニマの典型的な形姿を研究することから、男性の本質、女性の本質を浮彫りににする。そしてこれら内なる異性を認識・承認し、人格全体の中へ組み入れることことこそ、自己実現にとって不可欠の、また現代人にとって緊急の課題であることを指摘する。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
絞り込み
  • ユングを読むついでに、奥さんのエンマさんの本も読んでみる。

    奥さんも本を書いているんだと驚き、読んでレベルの高さにさらに驚く。
    ユングよりはるかに読みやすいですね。特に、女性の内なる男性性(=アニムス)について、ユングさんも、へ〜、そうなんだと感服した内容だとか。

    元型(アーキタイプ)をお勉強中、とくに男性性と女性性の統合みたいなところに現代的な重要性があるのではとにらんでいるところなので、大変、参考になりました。

  • 心理学者のユングの妻が著者。ユングがいまいち上手く説明しきれなかった(河合隼雄氏談)というアニムスについて、詳しく書かれています。
    アニマ/アニムスと自我の統合は、社会的/個人的ジェンダー課題を克服することに欠かせないという点で、ものすごく現代的なこととして捉えることができると思う。

  • 先日読んだ河合隼雄の「こころの読書教室」に紹介されていたので読みました。「内なる異性」とは内面人格としてある性の人格要素で、アニマとは男性の内なる女性的要因、アニムスとは女性の内なる男性的要因をさす。本書はその概念やアニマ、アニムスがどのように作用してあるのかを神話や文学作品を引用しながら繙く。一読しただけでは少し理解が難しかったですが、興味深く読みました。語り継がれる神話や昔話が皆似たような構成を持っているのはアニマ、アニムスの点から見ても不思議な面白さがあります。本書を読むと人の持つ性は単一でなく、2つの性が複雑に混ざったグラデーションであり、モザイクなのだなと思いました。またユング心理学自体についても読みたい。

全3件中 1 - 3件を表示

笠原嘉の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
マルクスアウレー...
ドストエフスキー
J‐P・サルトル
ヴィクトール・E...
ヘミングウェイ
平野 啓一郎
カール・グスタフ...
三島由紀夫
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする
×