ガラスの動物園 (劇書房ベストプレイ・シリーズ)

制作 : Tennessee Williams  松岡 和子 
  • 劇書房
3.09
  • (1)
  • (1)
  • (7)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 24
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (122ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875745570

作品紹介・あらすじ

この芝居はトムの追想から始まる。彼は、捨て去った過去へ、家族の思い出の中へ、その愛の痛みの世界に帰っていく。その世界には、外とのつながりを見つけられない自閉症の姉と、過去の華やかな思い出の世界に生きている母親がいる。彼女自身があたかも自分の収集するガラスの動物のように、壊れやすい心を持った姉のローラ。惨めな現実の中で、子どもたちを叱咤激励しながら悪戦苦闘している母のアマンダ。トムは家族を養うだけの単調で退屈な日常の中で、ひたすら外の世界へ飛び出す機会をうかがっている。そんなトムの家族のもとに一人の青年ジムが訪れる。ジムは極端に人見知りをするローラがこれまで好きになったたった一人の男性だった。そしてローラにとっての一生に一度の心ときめく時間が訪れる。しかしジムは自分に婚約者がいると告げて去っていく。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 過保護コント。

  • 糸の様に細く引き伸ばされたガラスを見ると二つのことを思う。
    なんと美しい、そして、なんと壊れやすそうなと。
    軽やかで繊細だが、哀しい。
    過去を切り捨てた人間と過去に取り残された人間への慰撫。
    レクイエムのようで、優しさのこもった劇。
    だが、優しすぎる、というのが意見。
    『欲望という名の電車』のような、また『風と共に去りぬ』のような南部出身の女性の性格の不羈はない。
    強いて言えばチェーホフに似ている。

  • He wrote the story of his own life. it meas autobiographer. The Glass Menagerie means the zoo made by the animal of glass

全3件中 1 - 3件を表示

ガラスの動物園 (劇書房ベストプレイ・シリーズ)のその他の作品

ガラスの動物園 (新潮文庫) 文庫 ガラスの動物園 (新潮文庫) テネシー・ウィリアムズ

テネシー・ウィリアムズの作品

ツイートする