どんぐりと山猫 (宮沢賢治絵童話集)

著者 :
制作 : 飯野 和好  司 修 
  • くもん出版
4.17
  • (4)
  • (0)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 17
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (77ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875767015

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 童話集
    ・ツェねずみ(画 飯野和好)
    ・鳥箱先生とフウねずみ (画 飯野和好)
    ・クンねずみ (画 飯野和好)
    ・どんぐりと山猫 (画 司修)

    どんぐりと山猫を読んでみたくて借りました。
    ねずみシリーズはちょっといやだな~という登場人物が
    でてきます。
    こんな人になってはいないかな?とふりかえったり。
    自業自得とはこのことだな。と考えたりしました。

    どんぐり・・・は、
    山猫から手紙をもらうところから始まります。
    賢治の世界に引き込まれていく。
    宮沢賢治 いいね!

  • 素晴らしいです。文章が。さすがです。上手いし、面白い。ユーモアがある。
    今までちゃんと読んだことなかったけど、文学部で研究対象になるような作家はやっぱり深くて読み応えがあるなぁと思った。宮沢賢治ハマります。

  • 表題は「どんぐりと山猫」だけど、収録されてるねずみシリーズがまた心にくる。自分はこんな生き方をしていないだろうか。

  • あなたは小さなころの幻想的な思い出というものを持っていますか?
    言うまでもありませんが大切にして下さい。

全4件中 1 - 4件を表示

プロフィール

大正・昭和時代の詩人・童話作家。岩手県出身。農学校の教師をしながら,詩や童話を書いた。『銀河鉄道の夜』『どんぐりと山猫』等の童話や、詩『雨ニモマケズ』など名作を多数創作。

宮沢賢治の作品

ツイートする