色 Colors

制作 : 戸根由紀恵 
  • 芸術新聞社
4.50
  • (1)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 18
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (176ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875863632

作品紹介・あらすじ

三山佳依から見たタイの色"山吹色・藍海松茶色"、日本の色"銀鼠色・里桜色"、そして、色であって色でない白"白練色"。プラープダー・ユンから見たタイの色"Magenta・Green"、日本の色"Orange brown・Pale blue"、そして、色であって色でない白"Ghost white"。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 2013/09/07
    from K.M. and P.Y.

  • 日・タイ二人の若手作家がそれぞれの感性に基づく「色」をめぐって綴った短編集。

    見開き右から三山さんの短編が5編。左から横書きで日本語訳されたユンさんの短編が5編。小泉弘さんの装丁、特に中扉のデザインと色彩バランスが本文の各タイトルとあいまって非常に美しい。

    三山さんの小説は詩的な豊富な語彙に彩られて、豊かな感性があふれ出てくるよう。どれもが余韻を持って響いてくる。一方、ユンさんの描く日本の情景はやはりエトランゼのもの。その独特な感性と乾いた文体は村上春樹に通じるものがある。

  • どんなコラボレーションになるか気になります。。。

    芸術新聞社のPR
    「 美しい憂鬱に満ちた世界の交感。
    どの国にいようと変わらない彼らのトーン。
    同じような強いまなざしで
    生きるものたちを小さく照らす、
    静かで少し苦い小説集です。(よしもと ばなな)

    ことばの絵の具が降ってくる

    思い出と予感に満ちた魂のパレット
    狂った雪、寒桜、緑色の男たち……
    滲みひろがる、切なく愛おしい物語(港 千尋)

    タイと日本、それぞれの国と文化を敬愛する2人のクリエイターが「色」をめぐる物語を紡いだ短篇集。

    色はその国ならではの文化の特徴をよくあらわす。
    2人の書き手は、日本とタイから、それぞれ2色を選び、共通のテーマとして色であって色でない「白」を取り上げた。
    俊逸多才のアーティストが描く、 色と言葉をめぐるシュールな物語のオムニバス。 」
    MAI MIYAKE
    http://www.maimiyake.com/index.html

全3件中 1 - 3件を表示

三山桂依の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
岸本 佐知子
ヴィクトール・E...
梨木 香歩
長島 有里枝
小川 洋子
フランツ・カフカ
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする