たんときれいに召し上がれ 美食文学精選

制作 : 澁澤龍彥  古川緑波  倉橋由美子  隆慶一郎  筒井康隆  山田風太郎  C・W ニコル  谷崎潤一郎  伊藤計劃  夢野久作  芦原すなお  青木正児  上村一夫  村山槐多  南條竹則  北大路魯山人  太田忠司  三島由紀夫  清水義範  中井英夫  澁川祐子  小林秀雄  色川武大  中島らも  内田百閒  石井好子  種村季弘  長沢節  津原泰水  津原泰水  森鷗外  森茉莉  夏目漱石  正岡子規 
  • 芸術新聞社
4.09
  • (4)
  • (5)
  • (1)
  • (1)
  • (0)
本棚登録 : 81
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (528ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784875864158

作品紹介・あらすじ

かの作家たちは「食」をいかに描いたか?36品の佳味あふれる饗宴。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 読み終わるまでに2ヶ月以上。図書館員さん何度もごめんなさい。

    素敵な作家さん達が個性たっぷりに描く食に関するお話。
    絵日記、エッセイ、ファンタジー、ホラー、ミステリー、童話、漫画と楽しませてくれる。
    本当にあるお店も載っていていつか行きたいと心ときめく。
    ただちょっと難しい話もあり全部きれいには食べきらなかった。でも、とても美味しくいただけた1冊でした。
    一番楽しめたのは筒井康隆さんの小説「薬采飯店」。料理で悪い所を治してくれるお店。でも、食べた後に凄い事が起こる。本当にあったとしても根性無しの私にはチャレンジ出来ないわ。

    金子國義…色つきの絵日記でわくわくのスタート。
    尾崎翠…二十世紀とふるさとの秋。
    開高健…ハンバーグ裁判について。
    澁澤龍彦…フランスに君臨する美食の帝王の話。
    古川緑波…神戸の街を歩く。
    倉橋由美子…不思議なカクテルを飲む。
    隆慶一郎…お握りが食べたくなるお話。
    筒井康隆…こんな中国料理店があったら嬉しいような怖いような。
    山田風太郎…マラソン選手、円谷幸吉さんの遺書。
    C.Wニコル…犬と一緒に食べる楽しい食事。
    谷崎潤一郎…何よりも心に残ったのはずくし。
    伊藤計劃…すごい作品。この場合の食は…。
    夢野久作…お菓子たちが主役の面白そうでちょっとダークなお話。
    芦原すなお…本格推理。テーブルの上にはフグが…。
    青木正児…調理法が残酷で考えさせられる。
    上村一夫…漫画。葛飾北斎が次に描くのは…。
    村山槐多…悪魔の舌を持つ男の話。怖い。
    南條竹則…チョウザメの話。ちょっと難しい。
    北大路魯山人…魯山人によるお茶漬けの作り方。お茶漬けもご馳走に。
    太田忠司…智子が昔、冬薔薇の館で体験した不思議な出来事とは。
    三島由紀夫…ホウレンソウについて。
    清水義範…まずいものを食べてみたくなる心理。
    中井英夫…ピーマンが嫌いな男の鏡の中は…。
    澁川祐子…懐かしの肉屋のコロッケ。コロッケの歴史。
    小林秀雄…アツアツの蟹まんじゅうが目に浮かぶ。ほふほふ。
    色川武大…花札ならぬ食札、毎月旬の大好物をひとつ書き出す。楽しそう。
    中島らも…歳末緊急おでん特集号。おでんの季節だ。
    内田百閒…電車か自慢ライスカレーを迷いライスカレーを選んだが…。
    石井好子…レシピのようなお話。オムレツが作りたくなること間違いなし。
    種村季弘…一時期天どんが食べられなくなった理由とは。凄すぎる。
    長沢節…お酒はおしるこのように飲もう。
    津原泰水…食を忘れて物語に入り込んでしまった。豚カツ。
    森鷗外…牛鍋を囲んでいる3人のそれぞれの思惑。
    森茉莉…父、森鷗外の誰もが驚くおかずとは。
    夏目漱石…友、正岡子規の食意地の張った話。仲の良さを感じる。
    正岡子規…子規の日記。病の辛さが伝わってくる。本当に食べる事が好きな人だったんだな。

  • 好:筒井康隆「薬菜飯店」/芦原すなお「ずずばな」/村山槐多「悪魔の舌」/種村季弘「天どん物語 ─蒲田の天どん」/正岡子規「仰臥漫録 二」

  • 空腹時には読めない本。
    無性に天丼とオムレツが食べたくなる。あと、ずくし。

全3件中 1 - 3件を表示

著者プロフィール

1936年生まれ。画家、装幀家、舞台美術家、デザイナー。歌舞伎舞台美術家の長坂元弘に師事。澁澤龍彦の依頼で『O嬢の物語』の挿絵を手がけたのち、67年「花咲く乙女たち」で画壇デビュー。著書に、『金子國義の世界』など。

「2015年 『美貌帖』 で使われていた紹介文から引用しています。」

金子國義の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

有効な左矢印 無効な左矢印
皆川 博子
皆川 博子
皆川 博子
サン=テグジュペ...
辻村 深月
エラ・フランシス...
有効な右矢印 無効な右矢印
ツイートする