3文型で広がる 日常英会話ネイティブの公式

著者 :
  • 語研
3.73
  • (3)
  • (2)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 2
  • Amazon.co.jp ・本 (232ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876151103

作品紹介・あらすじ

ネイティブが使っている基本文型・構文を、トピック・目的別に3文型でまとめました。言いたいことを自由に話し書くための「公式」を身につけ会話の幅を広げましょう。CD2枚付き。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • ●ネイティブ・スピーカーが毎日なにげなく使っている応用自在の基本文型を集めました。
    ●「こんなときにはこう言う」表現、「言えそうで言えない」表現などを、トピック別、目的別にすべて3文型でまとめてありますから、覚えやすく忘れません。

全2件中 1 - 2件を表示

プロフィール

小樽商科大学商学部経営法学コース卒(大谷良雄ゼミ:国際法専攻)、ハワイ大学マノア校大学院英語教育研究科修了(MA in ESL)、ハワイ州会議通訳者免状(同時・逐次)取得。ハワイ大学日本語講師を経て、現在、国立大学法人小樽商科大学大学院ビジネススクール教授。
 TESOL学会、大学英語教育学会(JACET)、映画英語教育学会(ATEM)、時事英語学会(JACES)会員。柔道2段、コバ英語ジム(KEG:KOBAEnglish Gym)主催。趣味は洋画と筋トレ。
 著書に『ニュース英語究極単語10,000』『ビジネスパーソンの英会話フレーズ525』『ネイティブがよく使う英会話表現ランキング』『会話する英文法Q&A』『英会話フレーズ600』『英語で言ってみるMy Life』『単語でマスターするネイティブ英会話』『日常英会話ネイティブ表現』(以上、語研)、『外国人の先生と話そう』(大修館書店)、『映画英語教育論』(スクリーンプレイ社)、『かけがえのない健康と環境』(成美堂)、『英会話フレーズ2220』(三修社)、『英語リスニング教材開発の理論と実践』(小樽商科大学出版会)ほか多数。主要論文に、“Native and NonnativeReactions to ESL Compositions”(TESOLQuarterly, vol.26, No.1, Spring 1992)がある。

小林敏彦の作品

ツイートする