コケの手帳 (のぎへんのほん)

  • 研成社
3.50
  • (1)
  • (2)
  • (5)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 30
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (220ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876391318

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  •  この本には,コケ植物にまつわるさまざまな事がらが,それぞれの専門家によって書かれています。
     分類学の方だったり,生態学の方だったり,さまざまな視点でコケについて書かれています。

     コケの仲間は,イメージとして蘚類のスギゴケ,苔類のゼニゴケのイメージがありますが,ものによっては非常に大きかったり,ツンドラ地帯,南極などの非常に冷たい環境で生きていたりなど,想像もつかないようなことがたくさんありました。
     また,付着する場所,例えば土壌,倒木の表面,コンクリートや岩石の表面,銅葺き屋根の建物のそばなど,それぞれ苔の種類によって好みがあるのだということにおどろきました。
     逆に言えば,うちのプランターに生えたコケをさがすのに,土に生えるコケを中心に調べていけばいいのだとも気づきました。

     人家の近くにも青々と繁殖していながら,低いところにあったり,ブロック塀にへばりつくように生えていたりと目立たない生き物ですが,コケ植物の不思議さがよく分かる本です。

  • 著者たちのコケへの愛を感じる本.一度読むと,出歩くときの視線が変わるかも.
    生物学的な視点や雑学的な内容もあり楽しい.一気に読んでしまった.

  • コケ好きのバイブルと言っても過言ではないでしょう。コケの生態や豆知識など、他ではあまり見ることのできないコケのいろんな話題に触れることのできるコケ好き必見の書です。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

1956年、大阪府出身。京都大学大学院研究科博士課程修了。理学博士。兵庫県立大学自然・環境科学研究所准教授、兵庫県立人と自然の博物館主任研究員。コケ植物の系統分類学を専門に研究。主な著書に『苔の話』(中公新書)、編著に『コケの手帳』(研成社)など。

秋山弘之の作品

この本を読んでいる人は、こんな本も本棚に登録しています。

ツイートする