学校図書館職員論―司書教諭と学校司書の協同による新たな学びの創造

著者 :
  • 教育史料出版会
0.00
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (207ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876523795

作品紹介・あらすじ

「学校の心臓部」たるべき学校図書館における「人」はどうあるべきか-。97年学校図書館法改正の経緯と背景、戦後日本の学校図書館職員の実態と歴史的論議、近年の実践をふまえて、いま、学校図書館専門職員についての豊かなイメージを描き、当面する司書教諭と学校司書の協同のあり方を問う。

著者プロフィール

大阪教育大学名誉教授。
主な著書に、『日本学校図書館史』(全国学校図書館協議会、1987)、『図書館の自由委員会の成立と「図書館の自由に関する宣言」改訂』(日本図書館協会、2007)、『図書館の発展を求めて』(日本図書館研究会、2007)など。

「2020年 『時代のなかの図書館・読書文化』 で使われていた紹介文から引用しています。」

塩見昇の作品

学校図書館職員論―司書教諭と学校司書の協同による新たな学びの創造を本棚に登録しているひと

新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 0
新しい本棚登録 1
新しい本棚登録 1
ツイートする