学力世界一を支えるフィンランドの図書館

著者 :
  • 教育史料出版会
3.38
  • (1)
  • (1)
  • (6)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 36
レビュー : 5
  • Amazon.co.jp ・本 (190ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876524907

作品紹介・あらすじ

フィンランドといえば、OECDの学力達成度調査PISAで学力が世界一となり、日本国内でも広く知られている。それを支えている公共図書館とはどんなものか。その背景にある自治体の種類、権限、ライブラリアンの資格、養成制度、図書館法などまでも含めた報告書。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • フィンランドにある図書館の資料集。いつか行けたら良いな。

  • 【配置場所】工大特集コーナー【請求記号】010.2389||N

    【資料ID】10801905

  • これは2007年9月にフィンランドの図書館を見学に訪れた報告書である。(序文)

  • タイトルにもある通り『学力世界一』の国の図書館。読んでみると『学力』よりも『文化』を支えている印象。
    アートに特化したヘルシンキ市立リクハーデンカツ図書館はオリジナルの絵画を有償で貸し出す。買い取りもできるそうだ。その利用料や売上は芸術家に支払われる。アートを積んだ移動図書館も市内を走る。
    また著作者・翻訳者の助成制度や公貸権も実施されている。
    さらには、赤ちゃん対象の詩の朗読会ですって!

  • 研究テーマのサンポラ分館について記載あり。

    もっと詳しい資料が欲しい・・・

全5件中 1 - 5件を表示

西川馨の作品

ツイートする