ブリコラージュとしての介護

著者 :
  • 雲母書房
4.00
  • (2)
  • (2)
  • (2)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 11
レビュー : 3
  • Amazon.co.jp ・本 (244ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876721122

作品紹介・あらすじ

いま、この介護がおもしろい!介護は"社会化"よりも"町内化"、特養ホームの全室個室化反対…。「関係」から介護の在り方を問う三好ワールド。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 【分かっている人に聞け…ということ】
    20年ほど前の書籍である。
    著者はブレていないのが良く分かる。
    分かってない人が世の中を動かそうとしていることも良く分かる。
    20年経っても分からない人が分かる人には聞いていないから、大して進歩していない介護の世界ということなんでしょう。

    女性より男性の方が面倒臭いというのは納得!
    名刺や肩書きで老後を過ごせるわけがないことに気づかないのは可哀想ですね。

    でも少数ではあるがもっと面倒臭い人種がいる。
    夫の肩書きや名刺で優越感を感じようとする妻である。
    「私の夫は大手の会社の部長で…」
    「私の夫は警察官だから…」
    こういう人は高齢者だけではなく二十代からいるのだ。
    そんな面倒臭い女性には一言、

    『で?あなたは何ができるの?』

    レビューとは関係ないですね

  • タイトルを見て、”ブリコラージュ”と”介護”が結びつかず、読んでみたくなった本。

    ブリコラージュは単に手作りホビーのことだと思ってましたが、レヴィ・ストロースがもっと深い意味で使っていた言葉だったのね。

    想念と制度にとらわれるな、ということかな。

  • 20世紀後半~現在で唯一とも言える、日本の哲学者ではないでしょうか(いや多分こういう人が私の全く知らない分野で結構いるんだろうけど)。
    春樹と言えば「あぁ三好サンね」という時代は来ないと思うけど・・・。

全3件中 1 - 3件を表示

プロフィール

生活とリハビリ研究所代表。1950年生まれ。1974年から特別養護老人ホームに生活指導員として勤務後、九州リハビリテーション大学校卒業。ふたたび特別養護老人ホームで理学療法士としてリハビリの現場に復帰。年間150回を超える講演と実技指導で絶大な支持を得ている。
著書に、『認知症介護 現場からの見方と関わり学』『関係障害論』(以上、 雲母書房)、『老人介護 じいさん・ばあさんの愛しかた』(新潮文庫) 、『完全図解 新しい認知症ケア 介護編』『完全図解 新しい介護 全面改訂版』『完全図解 介護のしくみ 改訂新版』『介護タブー集』『認知症介護が楽になる本 介護職と家族が見つけた関わり方のコツ』『最強の老人介護』(以上、講談社)など多数。

三好春樹の作品

ブリコラージュとしての介護を本棚に登録しているひと

ツイートする