11歳の衝動―佐世保同級生殺害事件

  • 雲母書房
3.17
  • (0)
  • (5)
  • (11)
  • (2)
  • (0)
本棚登録 : 45
レビュー : 6
  • Amazon.co.jp ・本 (259ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876721733

作品紹介・あらすじ

仲良しだったはずのふたりがなぜ?未然に防ぐことはできなかったのか?事件の経緯、県教委の調査報告、裁判所の審判結果、加害女児が交換ノートに描いたイラスト、作文、HPへの書き込み、などを収録。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • なんとも心が痛い。息子ができてから、こういう事件が他人事じゃない。

  • 怖かった。

    同世代だから
    とてもリアルに感じた

  • 3部構成になっていて、2部が資料編なのだが、ネット社会は恐ろしいとおもった。
    加害女児のネット上の日記や詩がそのまま載せられていたから。

    教育機関が大分責められたようだけど、教育機関だけの問題ではないと思うから、やっぱり難しいなあと思った。

    小学生の時の友達・親友ってなんだったっけ?

  • 同年代の親として、やはり気になったのでした。
    まあ、内容は朝日新聞で連載していたときに読んだものが殆どだったので、ざーっと読んだのですが、
    巻後半にあった、加害者・被害者児童と同級生の男の子の詩「時計草」が 胸を打ちました。 彼は、事件後やはり学校に行くのが怖くなったそうで、
    自分や、被害者の家族を癒すために書いたのだとか。
    (第十五回伊東静雄賞の佳作に10代としてはただひとり選ばれたそうです。 )
    普段から書いている子だろうとは思うけれど、
    あんな凄惨な事件を目の当たりにして
    書かずにはいられなかったんだろうなあ・・

    みんな、みんな傷ついた事件だと思いました。

  • 仲良しだったはずのふたりがなぜ?未然に防ぐことはできなかったのか?事件の経緯、県教委の調査報告、裁判所の審判結果、加害女児が交換ノートに描いたイラスト、作文、HPへの書き込み、などを収録。

全6件中 1 - 6件を表示

朝日新聞西部本社の作品

ツイートする