「戦後」状況論―課題としての日本

  • 雲母書房
5.00
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 2
感想 : 0
  • Amazon.co.jp ・本 (261ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876721931

作品紹介・あらすじ

この国は、なぜ、どこで歪んでしまったのだろうか?新たな格差社会、その根源を問う。

著者プロフィール

1953年生まれ。1979年岐阜大学医学部卒。岐阜赤十字病院精神科部長、岐阜大学医学部准教授などを経て、現在は岐阜県立希望が丘こども医療福祉センター勤務。
著書として、「不登校・ひきこもりを生きる」(青灯社)、「いかにして抹殺の〈思想〉は引き寄せられたか」(ヘウレーカ)、「吉本隆明の〈こころ〉学」(批評社)他多数。

「2020年 『隔離・収容政策と優生思想の現在』 で使われていた紹介文から引用しています。」

高岡健の作品

最近本棚に登録した人

  • 話題の本に出会えて、蔵書管理を手軽にできる!ブクログのアプリ AppStoreからダウンロード GooglePlayで手に入れよう
ツイートする
×