たのきゅう (日本の民話えほん)

  • 教育画劇
3.80
  • (2)
  • (4)
  • (4)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 25
レビュー : 4
  • Amazon.co.jp ・本 (28ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876925568

作品紹介・あらすじ

たのきゅうは、しばいのやくしゃ。ふるさとのむらへかえるとちゅう、くらいやまみちでとつぜんめのまえにうわばみがにゅうっ。

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 息子が好きなむかし話。うわばみって、星の王子様にも登場するけど、海外の民話にも出てくるのかなあ?訳すときに、うわばみをあてただけなのかなあ?

  • 饅頭こわい のようなラストなんですよね。子供達が、けっこう好きなお話。

  • 旅役者の「たのきゅう」が、病気のおっかさんを見舞うための帰路で「うわばみ」に喰われそうになるところを、自慢の芸で切り抜けるお話。

    昔話と落語がごっちゃになってると思ったら、落語絵本でも出てるんですね。そっちも読んでみよう。

    この絵本では、たのきゅうが自分で役者だと名乗っているから芸を見せる流れになりますが、うわばみが「たのきゅう」を「たぬき」と聞き違えたからとか、バリエーションが豊富だそうです。

    ハッピーエンドなんだけど、納得いかないところもあって。
    最後は金持ちになって綺麗な嫁さんもらうんだけど、役者やってへんのかい!なんて風に。

    僕が子供に話すときが来れば、たのきゅうは一世一代の大役者にしてやろう、と。

    まぁでも、金があれば役者を辞めるヘラヘラ感が「たのきゅう」の面白さなんだけど。気分次第ですね。

  • 2011年度:3青

全4件中 1 - 4件を表示

小沢正の作品

ツイートする