狩り狩られる経験の現象学: ブッシュマンの感応と変身

著者 :
  • 京都大学学術出版会
4.00
  • (0)
  • (1)
  • (0)
  • (0)
  • (0)
本棚登録 : 13
レビュー : 1
  • Amazon.co.jp ・本 (511ページ)
  • / ISBN・EAN: 9784876983247

感想・レビュー・書評

並び替え
表示形式
表示件数
  • 新着図書コーナー展示は、2週間です。通常の配架場所は、3階開架 請求記号:382.484//Su28

全1件中 1 - 1件を表示

著者プロフィール

1949年 東京生まれ 1973年 京都大学理学部卒 1980年 同大学院理学研究科博士課程単位取得退学。京都大学理学博士。 2013年 第8回日本文化人類学会賞受賞。北海道大学文学部助手、京都大学教養部助教授、同総合人間学部教授を経て 現在 京都大学大学院人間・環境学研究科教授 (2015年4月より京都大学名誉教授)主要著書『身体の人類学』(1993)河出書房新社『コミュニケーションとしての身体』(1996共編著)大修館書店『語る身体の民族誌』(1998)京都大学学術出版会『会話の人類学』(1998)京都大学学術出版会『もし、みんながブッシュマンだったら』(1999)福音館書店『感情の猿=人』(2002)弘文堂『ブッシュマンとして生きる』(2004)中央公論新社『フィールドワークへの挑戦』(2006編著)世界思想社『身体資源の共有』(2007編著)弘文堂『ことばと身体』(2010)講談社鳥羽森の筆名で『密閉都市のトリニティ』(2010)講談社〔SF小説〕『身体化の人類学』(2013編著)世界思想社

「2015年 『狩り狩られる経験の現象学』 で使われていた紹介文から引用しています。」

菅原和孝の作品

狩り狩られる経験の現象学: ブッシュマンの感応と変身を本棚に登録しているひと

ツイートする